無料の会員登録をすると
お気に入りができます

早朝から深夜まで!「無印良品 銀座」で味わいたい“食”の数々

旅行・おでかけ

2019年4月、東京・銀座に売り場面積がブランド史上最大の世界旗艦店「無印良品 銀座」がオープンしました。1階~6階はおなじみの日用品や衣料のほか食品を扱う「無印良品」、地下1階には日本初となる複合レストラン「ムジダイナー」、7階~10階には同じく日本初上陸の「ムジホテル」を併設。店内でも、「マルシェ」や「ブレンドティー工房」など、トライアルスタートした売り場が多く、開業初日から連日にぎわっています。
この“無印良品のテーマパーク”をどう楽しんだらいいのか、出かけたらぜひチェックしたい、おすすめのポイントを紹介していきます。前編は、銀座ならではの“食”に関するサービスについて。

無印良品 銀座にはおいしいものが大集合!

朝7時15分からオープンする「ムジダイナー」は、早くも銀座のビジネスパーソンに大人気。売り場でも産直の青果やベーカリー、ブレンドティー工房などおいしいものが一堂にそろいました。

食の新体験1「ブレンドティー工房」

有機栽培の緑茶、ほうじ茶、ルイボス茶の3種をベースにしたブレンドティー32種類から好きなものを、スタッフがその場でブレンド。銀座店だけの新しい取り組みとしてスタートしました。

“リフレッシュ”“リラックス”“おやすみ前に”“お食事と”といった飲むシーンや、香り、味わいでも選べます。試飲をしながらスタッフと一緒にセレクトするのも楽しみです。そのオーダーの流れを確認してみましょう。

1.32種類からチョイス

「オリーブのやさしい草の香りとレモンの酸味」(食事と一緒に)、「りんごの香りとカモミールのほんのりとした甘み、桜もちのような甘い香りとまろやかな緑茶の味わい(リラックス)など32種類の中から選びます。

2.スタッフにオーダー

番号を伝えてスタッフにオーダー。スタッフはそのお茶に必要な茶葉やハーブを、後ろの棚から取り出しそろえます。

3.原料を計りながらピックアップ

量り売り形式でオーダーは30g以上から。追加は10g単位となります。10g・180円。

4.茶葉とハーブをミックス

缶から出したフレッシュな茶葉を揃え目の前でミックスしてくれます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ