無料の会員登録をすると
お気に入りができます

フルーツ王国・福岡で食べたい絶品フルーツパフェ4選!九州ならではのブランドフルーツも。

旅行・おでかけ

1.〈吉祥果〉のフルーツたっぷりパフェ

福岡を代表する果物の産地・朝倉市の〈朝倉青果市場〉が運営する。1階が青果店、2・3階のフルーツパーラーには、地産の旬果を使うケーキやパフェが勢ぞろい。

福岡県産のキウイや熊本県産のメロンなど、約10種もの旬果を盛るフルーツたっぷりパフェは800円。

くり抜いたパインの中に果物を盛るパインボード700円も名物。カッティングも美しい。

〈吉祥果〉
■福岡県福岡市中央区天神2-8-137 新天町商店街内 ■092-738-5152
■11:00~18:00LO 無休
■50席/禁煙

2.〈Le BRETON〉のポワール・メルバ

東京〈オーボンヴュータン〉を経て、仏ブルターニュ地方でガレットやクレープを学んだシェフの店。

目にも美しい生菓子のほか、焼き菓子やヴィエノワズリーも好評。手土産にも最適だ。

「ポワール・メルバ」740円

現地のクレープリーはパフェも豊富にそろえるのが一般的で、そのスタイルを取り入れている。軽やかな生クリームたっぷりのパフェは約20種。

〈Le BRETON〉
■福岡県福岡市中央区今泉2-1-65 1F
■092-716-9233
■11:00~22:00LO 不定休
■28席/禁煙

3.〈大名パフェ FRUITS PLANET〉の宮崎マンゴーパフェ

長きにわたって福岡で青果店を営む〈荒木商店〉が昨年、フルーツパフェ専門店を開店。九州はもとより、全国の契約農家から仕入れる旬果のおいしさはお墨付きだ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ