無料の会員登録をすると
お気に入りができます

また誘うね…♡大好きな彼の誘いを断る時の「上手なLINEの返し方」

恋愛・結婚

彼からデートのお誘い!
でもその日はどうしても空けられないなんてときありますよね。
そんなときのために今回は、大好きな彼の誘いを断る上手なLINEの返し方についてご紹介していきます。

(1)必ず語尾に「また誘って」をつける

『また誘ってと言ってくれてるなら、後日また誘いますね』(27歳/美容師)

必ず、また誘ってほしいということを伝えるのは忘れないでください。
この一言があるだけでだいぶ変わります。
でも、このセリフは社交辞令と受け取られることも……。

なので、「絶対また誘ってくださいね!!楽しみです!!」なんて本気で待っていることを含めるといいでしょう。

(2)別日程を提示する

『別のこの日は?って言ってくれると、嫌で断ってるわけじゃないんだなってわかる』(24歳/広告)

また誘っては先程もご紹介したように、下手すると社交辞令かな?なんて思われてしまうことも。
そこで別日程を提示しましょう。

この辺なら暇になるのに……という大雑把な日程でもだいぶ相手はいい気分になりますよ。

(3)具体的な理由を出してみる

『やむおえない事情があるなら、そんなに落ち込まないかな』(29歳/看護師)

断る際に、具体的な理由を挙げてみるのもいいでしょう。
やっぱり駄目かと思わず男性は気落ちしてしまいます。

もし同期との集まりだったり話しても問題ないものであれば、伝えるのが無難。
葬式などは濁しながら話しましょう。
ストレートにいうと重くなってしまいます。

(4)行けなくなる場所なら別の場所を提案

『代案があると、そのとき断られてもすぐ元気になる(笑)』(22歳/アパレル)

期間限定のイベントなどであれば、行けなくなってしまうこともデートを断る際に考えておくべきことです。
男性はあなたとこのイベントを一緒に楽しみたいと思ったはず。

もしあなたが男性のことを本当に大好きなら、代わりに行けるイベントなどを男性に伝えましょう。

デートを断る際に注意したいのが社交辞令になりすぎないこと。
一番効果的なのが、別の場所や日程などを提案すること。
あなたとのデートができないことは本当に残念なことで、今度は絶対に行きたいという待ち遠しさを伝えきりましょう。

(恋愛jp編集部)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ