無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ストレス溜まってない?「なんとなく辛い」から解放される考え方

ライフスタイル

4月には環境の変化があり、5月の大型連休を経て、今きっと疲れが出てきている時期ではないでしょうか。そんなタイミングだからこそ、自分のストレスと向き合ってみませんか? “今の自分”に注意を向けて、考え方のクセから解放されるのが「マインドフルネス」。よくありがちな5つのイライラ、モヤモヤからサヨナラ!する方法を、一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事の荻野淳也さんに教えてもらいました!

人、モノ、コトいろいろにイライラッする!

我慢しようとするけど、ダメだわ。夫に、子どもに、同僚にイライラが止まらない。そんな自分にさえも……イラッ!!

【このままイライラし続けるか、「決めて」みましょう】

イラッ!としたら、まずは「今、イラついたな」と自分の感情に気づくことが大事。そしてそのイライラを持続させるか、切り替えて別のことを考えるか、一度立ち止まって決めてみましょう。また、丁寧にハンドクリームを塗るのも◎。指の温度や形に注意を向け、冷静さを取り戻すことができます。

人間関係も、仕事も、プライベートも疲れる…楽しめない…

新しい人間関係新しいママ友が増えて、職場環境が変わって……あいさつだけでも疲れちゃう。

【あえて距離を置く、手放してみるとラクになります】

メールやラインをすぐ返信しようとせず、家に帰ってから、お茶を1杯飲んだら、と時間を空けましょう。時間も距離も近すぎるとお互い感情的になりやすいので、スケジュールにも余白を。他人との関係性に時間と距離をつくることで、心と体に余裕を持たせればラクに。

何をしてもやる気が出ず…ぼんやり…モヤモヤする

何もかも面倒くさくてやる気が出ない。私はいったい何がしたいんだろう……。

【自分に「◯◯する!」と宣言し、頭と心のスイッチオン!】

何となく物事を始めるより、今どこに意識が向いていて、これからどこに意識を向けるかが分かっていると、気持ちも頭も前向きに動きだすことができます。「私はきょう、◯◯をする!」と声に出したり、手帳に書き込んだり、自分なりのスイッチの押し方を探してみましょう。

環境の変化に対応できるか不安…プレッシャー

子どもが進学したり、夫の通勤時間が変わったりして家族も私も緊張気味。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ