無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どこから手をつけていいのか分からない…!収納スペースのごちゃつきを解消するには

ライフスタイル

手をつけると大ごとになりそうで触れられないでいる収納スペース。そんな「パンドラの箱」のような場所が、なぜ家の中で生まれてしまうのか? 思い切って片づけるとどんなことが待っているか? 家事代行サービス「タスカジ」で活躍するseaさんに教えてもらいました。

なぜパンドラ化するの?

どんな家にも1つはある、やっかいな収納場所=「パンドラの箱」には、共通点があることが判明! sea さんがパンドラ化の原因を明らかにします!

【空間がうまく使えていない】

「空間が大きければ大きいほど、どう収納していいか分からない人が多いと思います。ゾーン分けをせず、むやみに積んだり押し込んだりすると、出しづらく、使いにくくなり、もはやあける気も起きなくなりますよね。そこにしまってある大半のものは、もう使わないかも」

【仮置きと思っている】

「ありがちなのが、将来子ども部屋にと思って納戸化している部屋。お下がり用に取ってある子どもの服や季節のアイテムなど、いつか手放すけれど、現状はどこに収納したらいいか分からないものを、空いているスペースにじか置きしがち。仮置き状態の荷物がたまると、あっという間にパンドラ化しますよ」

【目的を決めていない】

「最も大きな原因は、どんなものを収納し、どんなふうに使いたいのか目的が定まっていないことにあります。片づけが苦手な人は大抵、先に収納グッズがあり、そこに何となくものをしまっているはず。そうすると入れるものの定義があいまいになり、いずれ収納に何を入れていたかも忘れてしまうんです」

【物理的に見えない場所にある】

「例えばつり戸棚の上段や、靴箱の下段の奥など、立ったまま見えにくい場所は、収納してあるものが物理的に見えません。そうするとものの存在を認識しづらくなり、そこにあることを忘れる原因に。また出し入れがしにくい位置でもあるので、放置されやすくなってしまいます」

【区切りがあいまい、または区切り過ぎ】

「文房具やキッチン用品など、細かいものをしまう場合は、区切り方が大切。区切りがあいまいだと引き出しの中でジャンルが混在し、欲しいものが埋もれてパッと取れなくなります。逆に区切り過ぎてもルールを守るのがたいへん。使っているうちに正しい場所に戻すのが面倒になると、必ず散らかります」

パンドラの箱をあけると、こんないいことが!

「パンドラの箱」と向き合うのは面倒だと思うけれど、思い切って片づけてみませんか? これまでの“負の連鎖”をすっきり断ち切るきっかけになること間違いなし! しかも、下のような“プラスの連鎖”が生まれますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ