無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[テイクアウトも]トマトのかき氷が驚きのおいしさ!甘くてフルーティな、東京・麻布十番「麻布野菜菓子」の新感覚かき氷

旅行・おでかけ

夏になると恋しくなるかき氷。今回は、都内の名物かき氷の魅力をご紹介。東京・麻布十番にある野菜スイーツの名店「麻布野菜菓子」でいただけるのは、茄子、ほうれん草、ほおずき、トマトなど野菜を使っためずらしいかき氷。意外な組み合わせとおいしさに感動する、名物かき氷の魅力とは?

まるでフルーツみたいなトマトを使ったユニークなかき氷

野菜のスイーツブランド「麻布野菜菓子」からは、トマトとクリームチーズ、練乳の組み合わせが驚きの一品「ミニトマトのかき氷」(1023円)をご紹介。トマト=かき氷のイメージは思い浮かばないけれど、実はミニトマトを使うことによって、普通の大きなトマトよりも糖度が高くフルーティな味わいに仕上がるのだそう。

千果(ちか)という品種のミニトマトをレモンと砂糖でコンポート。さっぱりとしたトマトとコクのあるクリームチーズ、練乳が絡み合って、純氷と相性ばっちり。意外な組み合わせだけに、驚きとおいしさで感動してしまう。

ほかにもある!名店の人気メニューをチェック

ここでしか味わえない、めずらしい野菜かき氷がずらり

「セロリのかき氷」「アボカドのかき氷」の野菜かき氷のほかに、「無花果のかき氷」や「ほおずきのかき氷」も。どれもほかのお店ではいただけない、めずらしいかき氷が揃うので、こちらもぜひチェックしたい。

茄子と赤ワインのかき氷が新登場

昨年より始まった「茄子と赤ワインのかき氷」(1023円)赤ワインでコンポートしたまるでリンゴの様なおいしさの茄子の果肉と、それをペーストにしたソースを、隠し味のクリームチーズソースとともにふわふわ氷にたっぷりかけた逸品。新感覚の茄子をご堪能あれ。

かき氷のテイクアウトがスタート!

上:セロリのかき氷/中:ミニトマトのかき氷/下:ほうれん草と抹茶のかき氷

3種のかき氷がテイクアウト可能

「ミニトマトのかき氷」「ほうれん草と抹茶のかき氷」「セロリのかき氷」の3種類がテイクアウトできる。(各750円)今後、昨年のメニュー全てを順次販売予定なのだそう。現在は店舗前にテーブルと椅子(6席)を設置しており、テイクアウトしたかき氷を食べることができる。オープンテラス風に外でかき氷を堪能してみて。

シンプルで和を感じさせる佇まい

麻布十番駅1番出口から徒歩1分に位置し、シンプルで和を感じさせる佇まい。平日、休日ともに女性客で賑わう。お目当ては、野菜のフィナンシェや野菜最中、野菜餡のどら焼きなど、洗練された野菜スイーツ。かき氷とともにチェックして。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ