無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あの名作の上映や写真パネル展も!二子玉川で生誕90年を記念した「オードリー・ヘプバーン映画祭」

旅行・おでかけ

今なお世界中で愛され続ける“銀幕の妖精”オードリー・ヘプバーン。その生誕90年を記念して、2019年6月14日(金)から16日(日)まで、二子玉川を舞台に「オードリー・ヘプバーン映画祭」が開催される。期間中は、不朽の名作や劇場未公開作など10作品が上映されるほか、オードリーの写真パネル展や豪華ゲストによるトークショーなど盛りだくさん。週末の3日間を、憧れのオードリーと一緒に過ごしてみない?

『麗しのサブリナ』TM &(C)2019 by Paramount Pictures Corporation. All rights reserved. 【上映】6月14日(金)17:00~18:56/6月16日(日)15:00~16:56

あの名作も!オードリーの魅力が詰まった出演10作品を上映

オードリーの出演10作品は、「二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット」内にある映画館「109シネマズ二子玉川」で上映される。

6月14日(金)は『麗しのサブリナ』『オードリー・ヘプバーンの若妻物語』『初恋』の3本、6月15日(土)は『ティファニーで朝食を』『パリの恋人』『昼下りの情事』『噂の二人』『おしゃれ泥棒』『ラベンダー・ヒル・モブ』の6本、6月16日(日)は『いつも二人で』『麗しのサブリナ』がそれぞれラインナップ。

大富豪の御曹司兄弟と運転手の娘・サブリナの恋の行方を描くロマンティック・コメディ『麗しのサブリナ』をはじめ、オードリーの色あせない魅力が詰まった作品ばかり。

『ラベンダー・ヒル・モブ』 (C)1951 STUDIOCANAL FILMS Ltd 【上映】6月15日(土)21:20~22:43 ※劇場初上映

劇場未公開の日本初上映作品で初めてのオードリーに出会う

今回は、日本での劇場未公開作品も特別に上映される。ひとつは、1951年に公開された『オードリー・ヘプバーンの若妻物語』(6月14日(金)19:30~上映)、で、ロンドンに住む2組の若夫婦を描いたドタバタ・コメディー。オードリーは、騒動に巻き込まれる同居人のタイピストを演じている。

もうひとつの初上映作品は、同じく1951年公開の『ラベンダー・ヒル・モブ』(6月15日(土)21:20~上映)。こちらはロンドンの銀行員による金塊強奪計画がテーマの、ちょっとブラックなコメディになっている。冒頭の短い出番のなかで、強い存在感を残すオードリーに注目したい。

さらに、貴重な「HDリマスター版」での日本初上映ということで、ファンには見逃せない作品に。

左/『ティファニーで朝食を』(C)2019 BY PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED. 右/トリンドル玲奈

撮影可能なパネル展やミニコンサートなども無料で楽しめる

二子玉川ライズ内の「iTSCOM STUDIO & HALL」では、期間中にさまざまなイベントも開催される。

「パネル展:麗しのオードリー」(入場無料)では、オードリーの代表作からの写真をパネルで紹介したり、彼女の人生をAからZに沿って紹介する「オードリー・ヘプバーンA to Z」や、彼女の2人の息子へのインタビュー映像なども上映。ここでは展示パネルすべてが撮影可能なうえに、映画祭のキービジュアルである大パネルも設置されるので、フォトスポットとして活用できるのがうれしい。

このほかに映画祭フェスティバルミューズのトリンドル玲奈さんをゲストに迎えた「オープニングイベント」や、オードリーの出演作に登場する名曲を集めた弦楽四重奏による「ミニコンサート」なども無料で楽しめる。「もっとオードリーのことが知りたい」という人には、国際的なコーディネーターとして彼女と交流のあった加藤タキさんや、映画・ファッションに詳しい石川三千花さんらのトークイベントも要チェック。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ