無料の会員登録をすると
お気に入りができます

グルメエッセイ多数!昭和の文豪、池波正太郎が愛した老舗の名店巡り。

グルメ

1.〈たいめいけん〉ふわっふわのオムライスと個性際立つシェフ。/日本橋

「〔たいめいけん〕の洋食には、よき時代の東京の、ゆたかな生活が温存されている。物質のゆたかさではない。そのころの東京に住んでいた人びとの、心のゆたかさのことである。」(十五頁)

@EpicurusHongKong

@kuuuurika

昭和6年創業。1階では名物のたんぽぽオムライス1,950円(税込)など、2階では本格的な洋食がいただける。三代目の茂出木浩司シェフは褐色の肌で知られ、その色はデミグラスソースより濃いと評判。インスタではシェフの看板とオムライスの写真をレイアウトしてアップするのが定番。

〈たいめいけん〉
■東京都中央区日本橋1-12-10 1F
■03-3271-2463(1階)
■11:00~21:00(20:30LO)、日祝~20:30(20:00LO) 無休
■64席/禁煙

2.〈まつや〉あのセレブもご来店! 今や下町名物に。/神田

「うまいといえば、〔まつや〕で出すものは何でもうまい。それでいて、蕎麦屋の本道を踏み外していない。だから私は、子供のころに連れて行かれた諸々の蕎麦屋へ来ているようなおもいがする。そのころの蕎麦屋の店構えが〔まつや〕には残っている。」(三十一頁)

@hirokofuruyaa

@amunoppy

石臼で挽く「挽きぐるみ」の国産蕎麦粉と手打ちにこだわる蕎麦店。創業は明治17年、昔ながらの木造建築も見る価値あり。池波氏が好んだのは、どっしりとした太打ち蕎麦1,000円(税込、要予約)。トム・ハンクスがプライベートで訪れ、インスタにアップし話題に。

〈まつや〉
■東京都千代田区神田須田町1-13
■03-3251-1556
■11:00~20:00(19:45LO)、土祝~19:00(18:45LO) 日休
■66席/喫煙

3.〈竹むら〉文化財×素朴な味がインスタグラマーの心を掴む。/神田

「神田・須田町の〔竹むら〕へ入ると、まさに、むかしの東京の汁粉屋そのもので、汁粉の味も、店の人たちの対応も、しっとりと落ち着いている。(中略)香ばしい粟と、ほどよい小豆餡のコンビネーションは何ともいえぬ。もっとも、粟が出まわる季節にかぎられているのだが……。」(四十頁)

@kazue581115

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ