無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お腹スッキリ!ダイエットや美肌も叶う「酢にんじん」

レシピ

にんじんに豊富なβ-カロテンが肌を守り、新陳代謝も活発に!

にんじんの鮮やかなオレンジ色は、β-カロテンが豊富な証拠。その含有量は、野菜のなかでもトップクラスです。

「β-カロテンは、体内で必要な分だけビタミンAに変換され、細胞の新陳代謝を促したり、免疫力を高めたりします。ビタミンAには目のうるおいを保ったり、肌のかさつきを防いだりする働きもあり、美しさをキープするためには不可欠な栄養素なんですよ。

また、β-カロテンは強い抗酸化作用があることでも知られ、体を活性酸素の害から守って老化を防ぐなど、アンチエイジング効果が期待されています。そこに酢の血流促進作用や疲労回復作用などが加わるのですから、美肌にもよい効果がもたらされると考えられます」(金丸先生)

そしてもうひとつ、金丸先生が注目している酢にんじんの効果が、便秘解消です。

「にんじんは不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を比較的バランスよく含む野菜で、酢には腸内環境を整える作用もあります。酢にんじんを食べれば、腸によい刺激が与えられて便秘が改善。お腹の調子がよくなれば、肌の調子もよくなってくるでしょう」

春から夏にかけては、ちょうどにんじんがおいしい時季。酢の効果でにんじんがさらにおいしくなるだけでなく、保存性も高まり、美力をアップする作り置きおかずになりますよ。にんじんの人気メニュー、キャロットラペやしりしりなどに酢にんじんを使う手もあり! きっとオリジナルのおいしさが生まれます。
それでは早速、酢にんじんの作り方を見ていきましょう。

<酢にんじんのつくり方>

材料(つくりやすい分量)

にんじん……1本(200g)
穀物酢……1と1/2カップ
はちみつ……大さじ1
塩……小さじ1/3

作り方

(1)にんじんは皮をむき、ななめ薄切りにしてからせん切りにする。
(2)ボウルなどに穀物酢、はちみつ、塩を入れてよく混ぜる。
(3)清潔な保存びんに(1)と(2)を入れ、軽く混ぜ合わせ、30分以上漬けたら、冷蔵庫で保存する。
※保存の目安は約10日間。

次回は、「酢にんじん」を使った料理レシピをご紹介します。

取材・文/三浦良江 撮影/安井真喜子 スタイリング/井口美穂

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ