無料の会員登録をすると
お気に入りができます

午後のおやつに食べたい!行列のできる食パン専門店の併設カフェがオープン

グルメ

JR横浜線、京王線、JR相模線が乗り入れ、利便性が高い神奈川県の北の玄関口「橋本」。駅からほど近い住宅街に佇む行列の絶えない高級食パン専門店「午後の食パン これ半端ないって!」に隣接して、食パンカフェ「このカフェ半端ないって!」がオープンしました。店内では、トーストを楽しめるモーニングや日替わりランチセットメニュー、スイーツなど個性あるメニューを提供。気軽にコーヒーやサンドイッチもテイクアウトできますよ。

パンとコーヒーを楽しめるカフェが相模原市橋本にオープン

高級食パン専門店「午後の食パン これ半端ないって!」に併設してオープン

食パンカフェ「このカフェ半端ないって!」は、JR横浜線「橋本」駅から徒歩3分の場所。2018年9月にオープンした高級食パン専門店「午後の食パン これ半端ないって!」に隣接してオープンしました。

気軽にコーヒーやサンドイッチをテイクアウトできる「TOGOエリア」とゆっくりと席でくつろぎながらフルサービスで食事が楽しめる「カフェエリア」に分かれており、店内ではモーニング、ランチ、ティータイムそれぞれの時間帯で食パンを引き立てる個性あるメニューを楽しめます。

カフェエリアで楽しめる食パンは2種

「半端ない熟成(プレーン)」(864円)

カフェエリアで提供されるメニューに使用する食パンは2種。「午後の食パン これ半端ないって!」で作られた食パンを使ったメニューが楽しめます。「半端ない熟成(プレーン)」は、全国から小麦、塩、バター、生クリームなど選りすぐりの食材を使用しているのだそう。

まずは焼かずにそのままで食べるのがオススメ。耳までやわらかく、パン生地はふわふわで口どけなめらか。小麦の風味も楽しめ優しい味わいを楽しめます。

「仕方ない午後(レーズン)」(1,058円)

ユニークな名前の食パン「仕方ない午後(レーズン)」は、この食パンなら午後を棒に振ってもかまわないという意味を込めて名付けられたのだそう

食パンに使用するのは、オーストラリアで育ったジューシーな「サンマスカットレーズン」。小麦の風味と一緒に、弾ける食感とさわやかな味わいが口の中に広がります。

テイクアウトの専用紙袋が個性的

3種のディップと食パンを楽しむ「朝食セット」

朝食セット(626円)

8:00〜11:30までのモーニングタイムで提供するのは「朝食セット」。本日のディップの中から好きな3種類を選び、食パンとともに楽しめます。食パンは、生またはトーストを選ぶことができ、追加料金50円でレーズンたっぷりの「仕方ない午後」の食パンに変更が可能。

パンに合うように開発した自家製タマゴサラダとミニグリーンサラダが付いており、朝から栄養バランスも満点な一皿です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ