無料の会員登録をすると
お気に入りができます

顔の形でメイクも変えなきゃダメ!? 丸顔・ベース型・面長…「骨格別小顔メイク法」

「小顔になりたい!」とフェイスマッサージやエステサロンのケア、小顔メイクなどで工夫をしている人は多いのではないでしょうか。メイクで小顔に見せるためには「ハイライト」と「ローライト」をうまく使い分けて立体感を出すことがポイントです。今回はエステテシャンの寒川あゆみさんに小顔に見せるメイクテクニックを教えてもらいました。

寒川 あゆみ

メイク

小顔メイクのポイントは「ハイライト」と「ローライト」

小顔メイクをする際、人それぞれ骨格が違うので同じやり方では逆にウィークポイントを強調してしまうことにもなるため、自身の顔の特徴を知りながらハイライトとローライトを入れることがポイントです。

【丸顔の場合…輪郭とフェイスラインにローライトがポイント】

ほおが丸く、顔全体に丸みのある丸顔の場合は、顔の輪郭とフェイスラインにローライトを入れて影感を作ることで小顔に見えます。

顔の中心を高く見えるようにTゾーン、あご周りにはハイライトを入れましょう。
丸顔の場合は正面から見たときにかみ合わせやフェイスラインが目立って見えるので耳側からあごに向かってブラシを動かしてローライトを入れてみてください。

【エラが張っているベース型…目もとにハイライトがポイント】

エラが目立ってしまうベース型の場合は、エラが気になるからと言ってローライトを入れ過ぎると特殊メイクのようになってしまいます。

顔を横に傾けて耳の下からフェイスラインにかけて薄く影をつけ、目頭と鼻のつけ根、目尻からこめかみにかけてハイライトを入れることで目もとに印象が来るようにすると小顔に見えます。

【面長顔の場合…ローライトは入れずにハイライトとチークで丸みを持たせる】

面長の場合は、ローライトを入れると顔の縦ラインを強調してしまうので入れないようにしましょう。おでこ、目もと、鼻、あごにハイライトを入れ、ほおに丸みが来るように少し大きめにチークを入れることがポイントです。

小顔メイクをする際は、顔の骨格や特徴を知り、凹凸感を出すことがコツ。しかしハイライトもローライトもやり過ぎると違和感があるように見えます。色がつきすぎないバウダータイプと太くて毛先の長いブラシを使ってふんわりとのせると自然な仕上がりになります。また、メイクをするときは正面からだけではなく、横からの角度も鏡で確認すると自然な仕上がりになりますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ