無料の会員登録をすると
お気に入りができます

雨を味方にせっせとお掃除!梅雨だからこそできるベランダ・窓掃除

お掃除

梅雨の掃除は面倒くさい…

窓&ベランダ掃除は雨が楽ちんだった!

梅雨は湿気でジメジメとして、全てのやる気を奪われてしまう気分。特に掃除のやる気がわくはずもなく…。それでも梅雨を掃除をしてほしいのが窓・ベランダです。

asbe / Getty Images

窓やベランダは雨を味方にすることで、掃除がラクになります。そこで梅雨だからこそできる、窓・ベランダの掃除を学びましょう。

窓ガラス

BLOOM image / Getty Images

窓ガラスは晴れた日だと汚れが乾燥しているだめ、とても落ちにくいです。梅雨で湿度が高いと汚れが落ちやすくなります。窓を開けられるくらいの小雨の日に窓ガラスの掃除をするのがおすすめです。

窓の外側にはメラミンスポンジ+スキージー

まずは窓の外側から。水だけで汚れが落ちるメラミンスポンジで拭き掃除をしましょう。雨のおかげで水を使う必要もなく、汚れが落ちやすくなっています。

左上から右上に平行に拭き、少し下に動かしたら今度は右から左へ。これを繰り返して上から下まで拭きます。しつこい汚れはメラミンスポンジをこすりましょう。窓ガラス用のクリーナーを使っても良いです。

FotoDuets / Getty Images

仕上げにスキージーで水滴を拭き取りましょう。拭く順番は先ほどメラミンスポンジで解説したとおり。汚れがあまりないときはメラミンスポンジなしで、スキージーの拭き取り掃除のみでOKです。

窓の内側にはアルコール除菌スプレー

PeopleImages / Getty Images

窓の内側も硬く絞ったメラミンスポンジで拭き掃除をしましょう。仕上げにアルコールスプレーで除菌をすれば、カビ予防にもなります。

網戸

網戸は晴れているときに掃除をすると、ほこりが飛び散ってしまいます。梅雨時の曇りや雨の日だとほどよい湿気で、ほこりを飛び散らせずに掃除できます。

記事に関するお問い合わせ