無料の会員登録をすると
お気に入りができます

短い初夏の楽しみ。週末は自家製梅酒作りに挑戦してみませんか?

レシピ

週末は手作り梅酒に挑戦してみませんか?

5〜6月は梅のハイシーズン!スーパーには新鮮な梅が並び、その甘酸っぱい香りに梅酒が恋しくなりますよね。市販の梅酒もいいですが、今年は自家製梅酒に挑戦してみるのはどう?

意外と簡単に作れるし、自分好みに味もアレンジできるから、お酒好きにはすごくおすすめなんです!今回は実際に行程をお見せしながら、その作り方をご紹介します♡

実は意外と簡単に作れちゃう!

材料&用意するもの

・南高梅…300g
・角砂糖…200g
・ホワイトリキュール…300g

今回は果実っぽい旨味を出したかったので、黄色く熟した梅を使用。酸味が欲しい場合は、熟す前の青梅を使用するのがおすすめです。

角砂糖は熟した梅を使用したこともあり少なめにしましたが、通常は梅の量の80%ほどが適量。ホワイトリキュールは梅の腐敗を防ぐためにも、アルコール度数が35度以上のものを使用しますよ。(酒税法によって20度未満のお酒で作ることは禁止されているので注意)

材料の他に密封できる保存用の瓶(今回は容量が750mlのものを使用)と、ヘタを取る用の固めの竹串も用意しておきます。

①事前に道具を消毒しておく

まずは事前準備から。保存に使用する瓶を食器用洗剤でよく洗い、水でしっかり流したあと、熱湯で煮沸消毒します。中のお湯を捨ててからふきん等で水気を拭き取り、陽の当たる場所で乾燥させましょう。

②ザルを使って梅をよく洗う

瓶を乾かしている間に梅も下ごしらえ。ボウルに水をため、梅をひとつひとつ丁寧に洗います。このとき、スポンジやたわしを使用するのはNG。梅は思っている以上に身が崩れやすいので、手で優しく洗います。

③布巾orキッチンタオルで水気を拭き取り乾燥させる

洗い終わったら乾いたふきんを使って、水気をよく拭き取ります。カビの発生を防ぐためにも、この行程はしっかりと!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ