無料の会員登録をすると
お気に入りができます

収納不足な「洗濯機まわり」と「トイレ」をセンスよく便利にアレンジ

ライフスタイル

DYIは苦手だけど、家の中の「ここがイヤ」を解消して、快適にしたい! 誰もが熱望している、簡単な“ちょっと変え”で家をぐっと快適にするテクを、整理収納アドバイザーの村上直子さんに教えてもらいます。

洗剤を置く場所が近くになく、洗濯機上が定位置に

洗濯機まわりに収納がないので、上に突っ張り棚を設置。棚の棒のピッチが狭いので物干し用ハンガーが掛けにくく、洗剤類は手っ取り早く洗濯機の上に…生活感出まくりを何とかしたい~。

【BEFOREお悩み】

その1 突っ張り棚はあるけれど、ピッチが狭いからハンガーが掛けづらい。

その2 便利だからついつい洗剤類を洗濯機の上に置いちゃうけれど、目立ち過ぎ?

縦にラックを設ければ使い勝手のよい収納に

ニトリのパーティションは、壁と洗濯機の防水パンとのすき間にすーっと入る優秀アイテム。洗濯機横につるせるスペースができると収納バリエーションが広がります。黒のパーティションを選ぶと空間にメリハリが出てスタイリッシュに。

【お助けアイテム】2WAY パーティション黒 幅64 ×奥行き8 ×高さ265㎝/ニトリ

天井と床で突っ張る棒に対して、バックのワイヤパネルを縦横どちら向きでも取り付けられるので、狭いスペースにも設置しやすい。

【テク01】100 均のカゴは結束バンドで好きな位置につけるだけ

結束バンドを使って、じゃまにならない位置にカゴをしっかりと取り付けるだけ。黒のワイヤカゴを選んで、色と素材を揃えると◎。

【テク02】ワイヤカゴの持ち手を雑巾干しにすればさらに便利

ワイヤカゴの持ち手を使わないのはもったいない。雑巾干しに利用すれば一石二鳥。洗濯機まわりがどんどん便利に進化。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ