無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カクテルからスイーツまで!心ときめく大人のチョコレートバーへ/門前仲町「bar&chocolate CACAOTAIL」

グルメ

寺社が多く、かつて門前町として栄えた門前仲町。下町の雰囲気が漂うこの街の路地裏に、こぢんまりとしたバーがあります。チョコレートをテーマにした「bar&chocolate CACAOTAIL(カカオテイル)」です。この店ではなんと、バーテンダーがカカオ豆からチョコレートを手作りし、チョコを使ったカクテルも揃います。1人でも数人でも、くつろいで上質なひとときを過ごせそうな、大人の女性のための素敵なバーです。

大通りから一本入った、隠れ家のようなバー

東京メトロ東西線と、都営地下鉄大江戸線が走る門前仲町駅から徒歩4分。にぎやかな表通りから少し入った静かな小道に「bar&chocolate CACAOTAIL」はあります。緑色のドアや店の前の植物がさわやかで、まるでカフェかヘアサロンのよう。でも、日中は閉まっています。ここは、夕方6:00から夜更けにかけてオープンするバーです。

重厚な木製のカウンターと、革張りのいすが置かれたこぢんまりした店内。テーブル席も2つあります。クラシカルでちょっと大人の雰囲気を漂わせつつも、肩ひじ張らずにくつろげそうな素敵な空間です。

チョコレートはバーテンダー兼オーナーが手作り

「bar&chocolate CACAOTAIL」は、バーテンダーとしての長いキャリアをもつ萩原さんが、かつての職場の後輩と一緒にオープンした店。
萩原さんが以前働いていた店ではチョコレートをおつまみにする人が多かったことから、チョコをテーマにしたバーにしようと決めたそうです。

ソムリエの資格ももつというバーテンダーの萩原さん

店で出すチョコレートは、萩原さんがカカオ豆を焙煎するところから行い、最短でも3日かけて作っています。最初のころは酸味が強くなってしまうなど、味がなかなか安定しませんでしたが、試行錯誤の結果、おいしいチョコレートが作れるようになったそうです。

ちょっと珍しいコンセプトのこのお店。「下町でありながら、新しいものが受け入れられやすい場所」として門前仲町を選び、2018年10月にオープンしました。
お客さんは8割がた女性。「1日の最後、静かにお酒を飲みながら、その日を振り返る場所になってほしい」。こんな思いで店を運営しています。

自家製チョコレートを使ったメニューの数々

「bar&chocolate CACAOTAIL」のシグネチャーカクテル7種は、すべてオリジナルチョコを使ったチョコレートカクテルです。

なかでも「カカオテール」(1620円)は、店自慢のカクテル。
12年もののスコッチウイスキー、マッカランをベースに、オレンジリキュール、ミルク、ハチミツ、そしてもちろん自家製のチョコレートを加えています。

なめらかな液体を口に含むと、まずほどよい甘さが感じられ、そのあとで強すぎないウイスキーの風味と、チョコのほろ苦さがやってきます。まったくくどくない大人の味で、おいしく飲み続けられます。

また、この店で試してみたいおつまみが、お酒に合うように作られた自家製チョコレート。
「パルミジャーノレジャーノのチョコレートサラミ」(ハーフ972円、レギュラー1836円)は、チョコレートにナッツやチーズ、ブラックオリーブを混ぜ、ソーセージ状に固めたもの。食材のさまざまな食感が楽しく、少し塩気も感じられ、お酒のお供にぴったりです。

こちらは、板チョコにドライラズベリーとピスタチオをのせた「ラズベリー・ピスタチオ」(756円)。ラズベリーが甘酸っぱさを、ピスタチオがコク加えています。宝石のように美しいひとかけらを口に運べば、至福のひと時が訪れます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ