無料の会員登録をすると
お気に入りができます

佐賀県産みかんが主役の銭湯フェス。アフロにみかんにDJに“風呂ジェクションマッピング”!?

旅行・おでかけ

6月22日(土)に、「音楽」「銭湯」「ハウスみかん」がコラボする異色のフェス〈ダンス亜風呂屋(あふろや)—佐賀みかんREMIX—〉が開催されます! 会場は、昨年末にリニューアルした創業100年超の老舗銭湯「改良湯」(東京都渋谷区東2-19-9)です。

DJには、DE DE MOUSE、田中知之(FPM)など豪華な布陣が揃います。音楽に合わせて風呂場の壁面に映像が投影される「風呂ジェクションマッピング」も見逃せません。

こちらは、6月から本シーズンを迎える佐賀県産のハウスみかんを楽しみながら知ってもらうためのイベント。銭湯の風呂場がダンスフロアと化し、みかんをイメージしたオレンジ色のアフロウィッグをかぶりながら、DJやライブを堪能できます。

特徴的なのは、スピーカーから出る音ではなくヘッドフォンをつけて音楽を大音量で楽しむ「サイレントフェス®」を採用しているところ。周りは無音なので、フェスへの没入感をより一層深く味わえるようになっています。

改良湯の脱衣所ではトークショー「せんとーく」を開催。ゲストは「日本みかんサミット」主催者であり、みかんの専門家として「マツコの知らない世界」にも登場した清原優太さん。

改良湯で「レンタルバスタオルセット」(バスタオルと小タオル)を150円でご用意しています。

加えて、「日本みかんサミット」の清原優太さんによるトークショーや、とれたてのハウスみかんを使った特製カクテル、フードの提供など、楽しみどころ満載。最後は湯船にハウスみかんを浮かべた「みかん風呂」に入浴できるなど、まさにみかんづくしのイベントです。

アフロヘアーがトレードマークのアフロマンスさん。

イベントを手がけるのは、世の中にワクワクする新しい体験を作り出すパーティークリエイター・アフロマンス。これまでに、都内初の「泡パーティー」や、スプライトのTVCMにも採用された街中を300メートルのスライダーで滑る「Slide the City」など、魅惑的なイベントを多数仕掛けてきました。

「SAKURA CHILL BAR by佐賀」の「桜プール」。開催期間中は連日行列ができるなど、かなりの反響が寄せられました。

佐賀県とは、この3月に120万枚の花びらに埋もれる体験型インドア花見「SAKURA CHILL BAR by佐賀」でもコラボ済み。春には「佐賀ん酒」と「いちごさん」を、そして今回は夏に向けて「ハウスみかん」を楽しくPRします。

きめ細やかな脂が見事な「佐賀牛」や、「さがほのか」「いちごさん」などのブランドいちごで有名な佐賀県。実はハウスみかんの栽培も盛んに行われていることはご存知でしたか?1973年(昭和48年)から現在の唐津市でハウスみかんの栽培がはじまり、なんとその生産量は27年連続で日本一!

秋から冬に採れる露地栽培の温州みかんに比べて、夏場にピークを迎えるハウスみかんは甘みと酸味のバランスが秀逸。高糖度で、瑞々しい果汁が口の中に溢れます。「夏のみかんもいいものだ……」と思えるはず。ぜひ手にとってほしい味わいです。

甘さ際立つ、佐賀県産のハウスみかん。冬のこたつに限らず、夏もぜひぜひ食卓にみかんを常備してみては!?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ