無料の会員登録をすると
お気に入りができます

台湾発の大人気タピオカミルクティー店〈珍煮丹〉。渋谷に日本1号店オープン!

グルメ

無添加で身体に優しい、台湾の大人気タピオカブランド〈珍煮丹〉。

〈珍煮丹〉という名前は、台湾の古い言い伝え「将珍珠煮成仙丹(昔、秦の始皇帝が珍珠・タピオカを煮て、不老不死の薬である仙丹を作らせようとした)」から頭文字を取って名付けられたのだそう。

「ドリンクを飲んで健康になってもらうために、添加物など使わずに素材にこだわった本当に良いものをお客様に提供する」というお店の想いが込められています。

こちらが、〈MAGNET by SHIBUYA109〉の7Fフードフロアにオープンした店舗。

ドリンクメニューは、カウンター裏にあるキッチンで作られていました。

ドリンクに使用する100%台湾産の天然黒糖に長時間漬け込まれた〈珍煮丹〉のタピオカは、台湾の自社工場で製造され、そこから日本へ送り届けられています。

出来上がったドリンクは、このようにカウンターで手渡されます。

店内はカウンターのみでイートインスペースはありませんが、7Fフロア内のフリースペースにはテーブル席もあるので、座ってゆっくり味わうこともできます。

〈珍煮丹〉の人気ドリンクを試飲!

〈珍煮丹〉で販売されているのは、オリジナル黒糖にまろやかなミルクを合わせた「黒糖ミルク」や「黒糖ミルクティー」、北海道産クリームチーズと岩塩の濃厚な味わいの「ミルクフォーム」、果物と高級茶葉に黒糖を加えた「フルーツティー」、夏季限定の「スムージー」など、23種類ほどのドリンク。

今回は、その中でも1番人気という「黒糖タピオカミルク」と見た目が涼しげな「フレッシュフルーツティー」、色鮮やかな見た目が目を引く「ストロベリースムージー」をいただきました。

「黒糖タピオカミルク・M」650円。

「黒糖タピオカミルク」は、自然な甘みとコクのある珍煮丹オリジナル黒糖と北海道産の濃厚な牛乳を合わせた、シンプルだからこそ素材の良さがわかるドリンク。噛むたびに、タピオカからは黒糖の豊かな味わいが口の中に広がっていきます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ