無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「小鼻の黒ずみ」をなんとかしたい!スッキリ小鼻に導く集中ケア法

美容

鼻周りにある黒いプツプツ…小鼻の黒ずみについて長年悩んでいたり、気にしている人は多いですよね。いろんなケアを試してもなかなかスッキリしない…という人もいらっしゃいます。今回はエステティシャンである筆者が小鼻の黒ずみをスッキリさせるケア法についてご紹介します。

寒川 あゆみ

(3)化粧水でたっぷりと水分を与えて皮脂の過剰分泌を予防!
皮脂分泌や毛穴の汚れ、黒ずみを気にしている人の多くは洗い流したり、とり除くことばかりに意識がいきがちです。
汚れを洗い流してとり除いたあとは肌が乾燥しやすい状態。その状態を放置することで肌表面を守ろうと内側から皮脂が出やすくなります。
肌表面の乾燥を放置しないためにも洗顔後には化粧水をたっぷりと浸透させて水分と油分のバランスを整えてあげることが基本。

1.手のひらに化粧水をとり、顔全体になじませましょう。

2.コットンを2枚重ねにし、化粧水をたっぷりと含ませ、ていねいに肌に浸透させましょう。

3.コットンを裏返してもう一度化粧水を足し、皮脂分泌が盛んな鼻周りや乾燥が気になる場所に化粧水を浸透させましょう。

(4)ビタミンC誘導体美容液またはシートマスクで酸化予防
化粧水をたっぷり浸透させたあとは肌の代謝を高めるとともに、皮脂分泌を抑えたり、酸化を予防するためにビタミンC誘導体が含まれている美容液もしくはシートマスクを使います。

肌の水分量が高まると硬くなってこびりついた黒ずみを浮かせやすくすることはもちろん、皮脂の酸化を予防することにもつながります。さらに肌全体のトーンも高まりますよ。

(5)乳液・クリームを塗って水分を逃さない
化粧水と美容液をたっぷり塗ったあとは必ず乳液を塗って、クリームで水分の蒸発を防ぐとともに、肌表面を乾燥させないように予防することが大切です。

油分を塗るとまた皮脂が詰まったり、黒ずみになるんじゃないか…と思う人も多いですが、化粧水、美容液を塗っているのに肌表面を乾燥させ皮脂分泌のコントロールができていなければ本末転倒です。なのでしっかりと水分を逃さないように油分も補ってあげましょう。

このように、小鼻の黒ずみの原因は必ずしもひとつとは限りません。日々、肌細胞は代謝しているので、
(1)古い角質と汚れがたまっている
(2)皮脂分泌が原因
(3)皮脂が酸化している
これらの原因に対して正しいスキンケアでアプローチすることで黒ずみ汚れは改善しやすくなります。ぜひとり入れてみてはいかがですか?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ