無料の会員登録をすると
お気に入りができます

幸せは歩いてこない!最高の一年を掴み取る9の心がけ

幸せとはどこかからやってくるものではなく、掴み取るものなのです。2015年はどんな年でしたか?幸せだった人も、そうでない人も、今年をより良い年にするために心がけたい9個のポイントをご紹介します。

2016年1月
ライフスタイル

幸せとは賢く掴み取るもの!

2015年、あなたにとって、幸せな一年でしたか?来年の今頃、2016年はとっても幸せな一年だった!と思えるための、ちょっとした心がけをご紹介します。幸せな一年を待つのではなく、自ら掴み取っていきましょう!

幸せな一年のために心がけたい10のこと

①1年後に確実に成長していよう

ただただ楽しいだけの一年を過ごしても、意外とむなしいもの。来年の自分が一つ上のレベルにいられるよう、何か一つでも「努力した!」と胸を張れることを作りましょう。

新たな習い事で資格を取ったり、語学の勉強をしてみたり、読書の目標を立てて達成したり。なんでも構いません。去年は三日坊主で終わったことも、今年は毎日続けてみましょう。

②ポジティブな言葉をたくさん言おう

言霊(ことだま)を、ご存知ですか?言葉には魂が宿り、そしてその言葉は現実になる、という意味の言葉です。引き寄せの法則も実は言霊とは同じで、こうなりたい、と思っていることを口にすることでそれが現実のものとなるのです。

何気ない言葉もネガティヴではなくポジティブに変えることで、自然と人を惹きつけることになります。人は明るい人に集まる習性があるからですね。

③身の回りを綺麗にしよう

環境が人を作る、という言葉がありますが、やはり整理されていない中にいるとだらしなくなったり、ミスが出たりネガティヴになったりしやすいもの。不要な物は捨てて、身の回りのものは必要最低限にしましょう。

物の整理整頓と同じように、人間関係もたまには見直しが必要。会ってもネガティブな愚痴ばかりの人に頻繁に会う必要があるのでしょうか?時間は限られている、ということを意識しながら、自分をポジティブに、幸せにしてくれる人間関係だけ残すようにしましょう。

④自分の意思をはっきり出そう

何かを決めるとき、どちらでもいいよ、が口癖になっていませんか?自分の意思を出すことはとってもいいこと。しっかりと意思表示する外国の女性を見習って、自分の思いを口に出してみましょう。

⑤毎日おしゃれしよう

イマイチな服を着てきてしまった日はなんとなく気分が晴れなくて、自分がおしゃれに決まってる!って日は、なんだかいつもより自信が出て楽しく過ごせますよね。毎日おしゃれするというちょっとしたことで幸せに感じられるなら、しない理由がありませんよね。

⑥少しでも運動しよう

体を動かすことで気持ちも晴れるというのは証明された事実。引き締まって美しい体でいるためにも、運動は欠かせません。少しずつ、きつい運動でなくても好きなことで構わないので、運動は日々の生活の中で取り入れましょう。

⑦いつかやりたい、に挑戦しよう

いつかやりたいと思っていること、誰しも10個ぐらいはあると思います。本当にやりたいことならば、思い切って挑戦してみては?決断するまで時間がかかっていたのに、いざやると決めてしまえば、案外うまくいくことが多いものです。

⑧たまには自分を甘やかそう

女性ですから、体のリズムもありなんとなく頑張れなかったり、明るくなんてできない!って日もありますよね。そんな日は無理することなく、自分を甘やかす日にしちゃいましょう。食べたいものを食べて、愚痴りたいだけ愚痴る。そんな日もたまには必要です。

⑨お金の使い方にメリハリをつけよう

いくらお金持ちだとしても、欲しいものをなんでも買っちゃう、というのは意外と満たされなくて、逆に虚しくなってしまうもの。

本当に欲しいものややりたいことにはお金は惜しまず、でも中途半端なことや物にはお金を使わないようにして、メリハリのあるお金の使い方を心がけましょう。

最高に幸せな一年を♡

自分にとってどんな一年が過ごせたら幸せか、具体的に想像をしてみることはその実現に役立ちます。まずは自分にとっての理想の毎日を考えてみてください。その上で、これらの9つのことをぜひ意識してみてください。

記事に関するお問い合わせ