無料の会員登録をすると
お気に入りができます

目指すのはマイナス5歳肌!今や常識の「若返りメイク術」8選

陽射しも徐々に強くなり、どんなに丁寧にケアをしていても年齢がお肌に出やすい時期になってきました。気になるシミやしわをカバーしつつみずみずしいメイクで“見た目年齢マイナス5歳”を目指しませんか?

2019年6月
メイク

そのメイクで損してない?

時間をかけてメイクしているのに、お肌がくすんで見えたりぱっとしない印象になってしまう…。現在の自分自身のメイクに不満をもっている方はいらっしゃいませんか?

Kathrin Ziegler / Getty Images

今回は「見た目年齢マイナス5歳」を目指す若返りメイク術をご紹介します。気になるところをカバーしつつツヤ感のある若々しいメイクで、悩みを解消してしまいましょう!

1.明るめのクッションファンデでベースを作る

大人世代のメイクの悩みの1つに「顔色が暗くくすんで見える」というものがあります。

hanamirae / Getty Images

そういう時は、密着性が高く、お肌をみずみずしく演出してくれるクッションファンデをベースに使ってみてください。いつも使うファンデよりワントーン明るめのカラーを選ぶことが夕方になってもくすまない肌を保つポイントです。

2.スティックファンデーションで肌色調整

目の下の赤みやくすみ、くまなどが広範囲にあり肌色を調整したい時は、カバー力の高いスティックファンデーションがおすすめです。

Zinkevych / Getty Images

目の下の頬に沿って直接塗ったあと、指で境目を丁寧にのばしてぼかしていきます。最後に両手の手のひらで全体を軽くプレスすれば完成!ふんわりと仕上げたいときは、上からパウダーファンデをのせるといいですね。

おすすめアイテム

24 ミネラルスティックファンデ

24h cosme

¥ 1,800

コンシーラー一体型のスティックファンデです。天然由来成分で作られているのでお肌に優しく、自然に気になる部分をカバーします。

商品詳細
24 ミネラルスティックファンデ
www.24h-cosme.jp
商品詳細

3.シェーディングで小顔を作る

女性なら誰しも憧れる小顔は、顔に陰影をつける「シェーディング」を施すことで近づくことが可能です。

Deagreez / Getty Images

肌色より2トーン暗い色が影を作るには向いています。ノーズラインやあごのライン、おでこの生え際など影をつくりたい場所にのせてぼかします。顔の形によって入れるべき場所は変わるので、研究してみてくださいね。

おすすめアイテム

ハイライトスティック / シェーディングスティック

CEZANNE

¥ 600

プチプラなのでシェーディング初心者さんにもおすすめのアイテムです。シェーディングスティックは01マットブラウン、02ベージュブラウンから肌にあったカラーを選んでくださいね。

商品詳細
ハイライトスティック / シェーディングスティック
www.cezanne.co.jp
商品詳細
記事に関するお問い合わせ