無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アフター7は3分で変身♡いつものヘアを改造する方法6選

仕事終わりのアフタータイムをを楽しむためには、ONからOFFへとモードを切り替えたいですよね。外出先のお手洗いで、チャチャっとできる3分ヘアアレンジ方法をご紹介します。いつものヘアを改造しちゃいましょう!

2016年1月
ヘアスタイル

チャチャっと改造!

仕事終わりのアフター7。夜活を思い切りエンジョイするには、ヘアもモードを切り替たいところ。

いつものヘアスタイルを活かしつつ、3分でできる簡単アレンジ方法をご紹介します。

おろしたヘアーをハーフアップに改造

1.ねじりハーフアップ

一番てっとり早いのがハーフアップ。ロングでもショートでもできるのが魅力です♡

12357760 970655173006185 1431263707 n
instagram.com

作り方

サイドから少量の毛束をとり、ねじりながら下中央部分へ。最初はねじりをあまりかけないの方が、スッキリとした仕上がりになります。最後は指で引っ張って、バランスを見ながらほぐしましょう。

instagram.com

ロングさんはこちら

ロングの場合は、ねじるよりも2本の毛束をツイストさせて作る「ロープ編み」のニュアンスを強めます。すると、ほぐした後の編み目が、美しく引き立ちます。

instagram.com

2.ねじりポンパドール

前髪でお馴染みのポンパドールを、ハーフアップの後ろ中央に作るアレンジです。ピン1本で出来ちゃいます。

10401677 446256615568385 576403794 n
instagram.com

作り方

まずは逆毛を立たせます。この時、一度ではなく複数回に分け、少量ずつ行うのが綺麗に仕上げるコツ。そして、毛先部分を手に取り、ねじってアメピンで留めます。最後にコームの先でボリュームを調整したら完成。

instagram.com

3.ノットヘアーハーフアップ

いま、注目のノットヘアーをハーフアップに取り入れます。こちらは、シリコンゴム1つで出来ます。

12393854 960210427349845 1182805450 n
instagram.com

作り方

両サイドから毛束を少量とり、中央でひとつ結び。その毛先を二つに分け、ロープ編み。シリコンゴムをしっかり結んで留めたら、大胆にほぐして完成。後ろ中央のトップ部分もボリュームを出してあげるとゴージャスに。

instagram.com

ポニーテールを改造

4.高めポニーテールを三つ編みバン

お次はポニーテールを改造!三つ編みバンにアレンジすれば、一気にエレガントなヘアスタイルに変身です。

915526 100760293635732 1880110799 n
instagram.com

作り方

高い位置に作ったポニーテールを、三つ編みしてシリコンゴムで留めます。編み目を少しほぐしたら、そのまま根元にぐるぐるっと巻きつけ、上下横の3方向からピンをONして完成。

instagram.com

5.低めポニーテールをルーズバン

低い位置に作ったポニーテールは、お団子(バン)までいかないルーズなスタイルに仕上げましょう。落ち着きすぎず、こなれたオシャレ感が漂います。

12394019 918556638252045 2054242994 n
instagram.com

作り方

低い位置に毛束をまとめ、シリコンゴムで留める時に毛先半分を残します。その毛先を根元部分に巻きつけ、ヘアゴム隠し。アメピンは根元から毛先方向に刺してしっかり留めて完成。

instagram.com

6.低めポニーテールを更にルーズバン

上の方法よりも更にルーズに仕上げれば、ふんわりとした仕上がりに。パーマや巻き髪をベースにするのがおすすめです。

12317650 972128119519032 1143945271 n
instagram.com

作り方

低い位置に毛束をまとめ、シリコンゴムで留める時に毛先2/3を残します。残した毛先から少量の毛束をとって根元に巻きつけ、アメピンを上からON。全体的にほぐして、お好みのヘアアクセをつけても可愛いです。

instagram.com

さぁ変身しちゃおう!

いかがでしたか?いつものヘアにちょこっと手を加えるだけで、素敵なスタイルに改造できます。仕事終わりのアフター7を楽しむため、モードチェンジした自分に、さぁ変身しちゃいましょう♡

出来る女風♡朝ぱぱっと簡単!OL向け時短ヘアアレンジ

働いている女性は毎朝忙しい。でも毎日同じヘアアレンジだと周りからの目もマンネリしてしまいますよね。 そこで、時短で簡単&見栄えの良いOL向けのヘアアレンジをご紹介したいと思います。時間をかけずにお洒落して、毎日オフィスで輝きましょう。
13214
記事に関するお問い合わせ