無料の会員登録をすると
お気に入りができます

セクシーに、爽やかに。つける場所で雰囲気が変わる!オトナ女子の香水テク♡

大人女子なら必須マナーである香水事情。大好きな香りもマナーが悪ければ嫌な印象を与えてしまうことも。香水には種類や付ける場所で雰囲気が変わるテクニックがたくさんあるんです。今さら聞けない大人の香水マナーを今一度見直して、上品な大人女子に変身しましょう♡

2016年1月
メイク

あなたの香水マナー、大丈夫?

ふわっと香るフレグランスの香りは、時にセクシーに、時に爽やかに、時にキュートに、あなたを色んな雰囲気にチェンジしてくれるアイテム。香りに合わせてファッションを楽しむ方も多いですよね。

好みの香りかどうかで決めがちなフレグランスですが、香水のTPOはキチンと守れていますか?大人女性なら心得ておきたい香水マナーを今一度見直してみましょう。

香水の種類

パルファン

香水の中で最も香りが強く、持続時間が長いパルファン。濃度が高いので少量でも香りがしっかりつき、香りも深いので安定して香りを長く楽しめます。日本ではあまり使用する方が多くないと言われていますが、香りをしっかりと感じるにはパルファンがぴったり。

オーデパルファン

パルファンより少し濃度が薄いのが、オーデパルファン。パルファンに近い濃度を保ちながら、価格は手頃なものが多いのでパルファンよりも一般的です。ヨーロッパでは夜用の香りとして親しまれているんですよ。

オーデトワレ

オーデパルファンよりもさらに濃度が薄くなったのが、オーデトワレ。日本でも馴染みのある種類です。柔らかい香り立ちのため、普段使いにぴったり。朝オーデトワレを使ったら昼過ぎにはほんのり香りが残る程度の優しいフレグランスです。

オーデコロン

4種類の中で一番ライトなつけ心地なのがオーデコロンです。強い香りが苦手という方はこちらから試してみると良いかもしれませんね。香水初心者でも使いやすく、多めに吹きかけてしまったとしても強い香りは残らないので安心。

香水の付ける場所

フレグランスを付ける場所で香り方や印象もガラリとチェンジ。いつもの場所からちょっと変えるだけで雰囲気が違ってくるので是非参考にしてみて。

記事に関するお問い合わせ