無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どうしたローソン100?中の人が体を張って「辛口メニュー大調査!」悪魔級辛ウマNO.1はコレ

グルメ

▲写真右上から時計まわりにブルダック激辛スパイシーチキン味/暴君ハバネロ/激辛柿の種&ピーナッツ/辛ダンドントッポッキ(各・税込108円)

スナック菓子が4種類も並ぶとパーティー感が出ますが、そんな浮かれ気分も吹っ飛ぶ、激辛お菓子がこのなかに隠れているんです。

▲写真右上から時計まわりにブルダック激辛スパイシーチキン味/暴君ハバネロ/激辛柿の種&ピーナッツ/辛ダンドントッポッキ

まずは、『辛ダンドントッポッキ』からいきましょう。
トッポキッキとは、細長いお餅を甘辛く炒めた韓国料理。このトッポッキをスナック菓子で再現したものです。
色は赤く見た目は辛そうですが、表面には水飴がコーティングされているため先に甘みを感じ、辛味は、ピリッと舌先にほどよく感じる程度。おやつとしても最適です。

そしてその次は、言わずとも知れた激辛の唐辛子ハバネロを使用した『暴君ハバネロ』を。
サクッとした食感とポテトのうま味に、ピリピリとあと引くハバネロの辛味が重なって、おやつはもちろんおつまみにもオススメ。ビールの相棒として、間違いないスナック菓子です。

と、ここまでは「辛いね〜」なんて、笑って楽しめる商品です。あとの2商品こそ、まっすぐな刺激を求めている方へのオススメ商品なのです。

『ブルダック激辛スパイシーチキン味』は、『辛ダンドントッポッキ』と同じく、先に甘みを感じ「あ、なんだ大丈夫じゃ…」と思った瞬間からがスタート、そのあとは、一気に辛さに襲われます。
それもそのはず「ブル」とは韓国語で「火」を意味する言葉で、「食べれば火を吹くほど辛い」という意味があるそう。確かに、油断したら口から火を吹きかねない、なんて心配が頭をよぎるほど辛いんです。

そして『激辛柿の種&ピーナッツ』は、ピリピリではなくビリビリと突き刺さるような辛さが全身を襲う本気の辛さ。
なんと、ハバネロの3.4倍のカプサイシンを含んだ沖縄の「アカハチ」という超激辛とうがらしを使用しているとのこと。

辛さの度合いもスゴイですが、驚くのはその持続力。「永遠に口が辛いままなのでは…」と思ってしまうほど、後味も最強クラス。

辛いものが好きな方は、是非チャレンジしてみてください。

結論として、『ブルダック激辛スパイシーチキン味』と『激辛柿の種&ピーナッツ』が、ローソンストア100内での辛さトップクラスはなのでは?

という結論に至りました。
でも、あんなにヒーヒー言っていたのに、落ち着いてくるとまた手が伸びてしまう辛い食べ物の魔力。

一体ナゼなのでしょうか。皆様もローソンストア100で「自分だけの辛いもの」を、是非見つけてみてください。

※辛さの感じ方には個人差があります。
※VL(Value Line)はローソンストア100のプライベートブランドです。
※100円は税込み108円です。
※一部店舗では取り扱いがない場合がございます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ