無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ピンク・ブルー・パープル…梅雨にピッタリ”あじさいカラー”コーデ

初夏コーデに、あじさいカラーを取り入れてみない?じとじとと雨の降り続く憂うつなこの時期だって、ピンクにブルー、パープルといったキレイ色をまとえば気分もアガるはず♡華やかなあじさいカラーの力を借りて、梅雨どきをおしゃれに乗り切っちゃいましょ!

ファッション

初夏はあじさいカラーをコーデに取り入れて

zozo.jp

じとじとと雨が降り続く、憂うつな梅雨。何となく気分も滅入ってくるこんなときは、ピンクやブルー、パープルといったあじさいカラーをコーデに取り入れてみませんか?降りしきる雨の中でもキレイに咲き誇るあじさいのパワーを借りて、わたしたちも梅雨どきをおしゃれに乗り切っちゃいましょう♡

可憐なピンクは甘さを抑えて着こなしたい

ピンクのあじさいの花言葉は、意外にも『元気な女性』。長く降る雨の中でも、かわいらしい花を凛と咲かせているからでしょうか。甘さのあるカラーだから、コーデに取り入れるのにはちょっぴり勇気がいるけれど、可憐なピンクは梅雨どきの着こなしを華やかに盛り上げてくれること間違いナシですよ♪

baycrews.jp

ふんわりと甘いパステルピンクも、ほんのりくすみがかっていればシックな印象。しなやかに身体に沿う艶やかなキュプラのマキシスカートなら尚更です。たっぷりとしたシルエットのノースリトップスをゆるっと合わせて、こなれ感たっぷりに仕上げてみて。

wear.jp

スウィートなピンクのトップスを、カジュアルなオーバーオールのINに仕込んで甘さをセーブするのも◎。この夏は、デニムよりもホワイト系のオーバーオールが断然おすすめ。ラフになりすぎないよう、メタルパーツがあしらわれた白いスポサンでリッチ感をプラスしたり、丁寧なアクセサリーづかいを心がけるのがポイントです。

zozo.jp

ボリュームたっぷりのフレアスカートは、リネン混素材を選んでからりと涼しげに。コンパクトな黒のトップスで引き締めれば、華やかなピンクもクールダウンできます。バンブーハンドルのバッグや指ぬきデザインのサンダルで夏らしさを演出したら、ヘアターバンをきゅっと巻いてエスニックテイストに仕上げてもかわいいかも♡

baycrews.jp

パキッと鮮やかなピンクは、ハンサムにも着られるのが嬉しいところ。ハリのあるタイプライター地のシャツワンピースなら、そこにきちんと感も上乗せできます。薄色デニムにシルバーのサンダルを合わせれば、軽やかなきれいめカジュアルコーデが楽しめますね。

清涼感あふれるブルーは梅雨どきのマストカラー

青系のあじさいの花言葉は、『辛抱強い愛情』や『謙虚』。雨に打たれつつも健気に咲いている姿から、こんな花言葉が付いたのかもしれません。実際、あじさいの花のように甘さ控えめで涼しげなブルーは、この時期をさわやかに乗り切るのにピッタリ。憂うつな梅雨空でも、あじさいブルーをさらりとまとって清涼感あふれる着こなしを楽しんじゃいましょう!

zozo.jp

細かなギャザーを寄せた水色のブラウスは、透け感のある楊柳素材がとっても涼しげ。ベージュのワイドパンツで淡いトーンにまとめれば、よりこなれた雰囲気に仕上がります。パイソン柄のシューズや大ぶりのピアスにバングルなどパンチのある小物も、同じくトーンをそろえることでコーデにしっくり馴染んでくれますよ。

zozo.jp

ブルー×ホワイトのストライプ柄シャツワンピは、どう着こなしてもさわやかにキマる最強の1枚。そのままさらりと着てもかわいいけれど、2019夏はボトムスをレイヤードするのが気分かも。グレーのリブパンツでリラクシーに仕上げたら、キラキラのグリッターシューズで足元に輝きを添えてみて。

baycrews.jp
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ