無料の会員登録をすると
お気に入りができます

医師・助産師が教える お産の“痛い”・“怖い”を乗り越えるためにできる7つのこと

お産の“痛み”“不安”を解消するには、正しい知識をつけることが大切。そうするとお産当日、出産というゴールまでの予測がつくようになり、「痛い」「怖い」の不安因子を減らすことができます。どんな方法が有効か、芥川バースクリニック・院長の芥川先生と助産師の鳥越さんに聞きました!

子育て
www.gettyimages.com

お産の“痛み”“不安”を解消するには、正しい知識をつけることが大切。そうするとお産当日、出産というゴールまでの予測がつくようになり、「痛い」「怖い」の不安因子を減らすことができます。どんな方法が有効か、芥川バースクリニック・院長の芥川先生と助産師の鳥越さんに聞きました!

関連;お産の3つのサインをチェック【出産のための基礎知識】

妊娠中からの準備が“痛い”“怖い”を和らげます

お産の準備に大切なのは、①リラックス体質になる、②お産の流れをイメトレする、③ストレッチや筋トレで柔軟性や筋力をつけて、お産のための体づくりをする、④深い呼吸の練習、です。
「②のイメトレと④の深い呼吸の練習がどのように役に立つかというと、たとえば一流のスポーツ選手は、試合前にどんな戦術を使って相手を攻略するか、具体的にイメージをして挑みます。
お産も同じで、具体的にイメトレすることでゴール(出産)までの道すじが予想でき、余裕が生まれます。
また、深い呼吸(腹式呼吸)は、リラックス効果があり、陣痛の痛みや不安を緩和することにもつながります」(芥川先生)。
そして①のリラックス体質であることは、お産全体を通して欠かせない要素。今回は①のリラックス体質になるために妊娠中にできることを紹介します。ぜひ試してみて!

お産の要は「リラックス体質になる」こと

現代人はストレスが多く、常に緊張しているため、体に力を入れることはできても、ゆるめられない人も多いんです。お産では力を抜くことが重要。日ごろから練習しておきましょう。

方法1 不安を書きだす

書き出すこととで、漠然とした不安を“見える化”します。それを「自分で解決できることなのか」、または「専門の誰かに助けてもらうことなのか」を振り分けることで、解決の糸口が見えてきます。とくに不安度の高いものから、解消しておきましょう。

方法2 ルーティンをつくる

たとえば“食事をしたあとはおなかの赤ちゃんに話しかけ、胎動があれば成功”とするなど、決まった作業(ルーティン)と結果である成功体験をセットにして日々行うと◎。これをお産本番でも行うことで、平常心を保つことができます。ルーティンは簡単なことでOK。

方法3 何かに集中する時間をつくる

裁縫や塗り絵など、興味あることや集中できることに無心に取り組むと、ひとときでもお産への不安を忘れ、ストレス発散になって脳がリラックスします。「陣痛が来たときに痛みにとらわれすぎず、集中してお産に向き合う練習になりますよ」(鳥越さん)

たとえばこんなこと
●ベビーグッズを手作りする
●大人の塗り絵をする
●体にいい料理をていねいに作る
●家の中を片づけて、ベビースペースをつくる etc.

方法4 心が落ち着くものを見つける

「お産は“本能の解放”。直感で『これがあると落ち着く』と思えるものを妊娠中に探してお産のときに持参すると、本番でリラックスできます」(鳥越さん)。たとえば、好きな香りの柔軟剤を使ったタオルや、肌触りが好きなもこもこのブランケットなど、お気に入りを探してみましょう。

たとえばこんなこと
●お気に入りの洗剤や柔軟剤で洗ったタオル
●アロマオイル
●テンションの上がる音楽
●ペットの写真 etc.

方法5 パパと思いを共有する

お産への不安や赤ちゃんへの思いを話すことはもちろん大切。ほかにも、一緒に胎動を楽しむ、育児グッズを選ぶなどでもOK。ママの不安が軽くなるだけでなく、パパが赤ちゃんのことを考えるきっかけにも。妊娠中から赤ちゃんに愛着がわき、お産に前向きになれますよ。

たとえばこんなこと
●育児グッズを一緒に探す
●赤ちゃんの名前を考える
●胎動を共有する
●お産や子育ての不安を話す etc.

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ