無料の会員登録をすると
お気に入りができます

老舗天ぷら店のはなれ「茶房 三」で、すずしげなお茶尽くしのランチを

グルメ

仙台のおしゃれなカフェやショップが建ち並ぶ一番町から徒歩圏内にある、「割烹 天ぷら 三太郎」のはなれ「茶房 三」。シックな店内で日本庭園を眺めながら、昼はランチや日本茶と和菓子、夜はバーとしてオリジナルの茶酒を「割烹 天ぷら 三太郎」の料理とともに味わえます。街の喧騒から離れた隠れ家で、お茶の魅力を再発見してみませんか?

日本庭園を眺めながらくつろぎの時を

「割烹 天ぷら 三太郎」を入ってすぐ左手にある

地下鉄広瀬通駅から徒歩10分。賑やかな仙台のショッピングスポットから少し離れた場所に「茶房 三(さぼうさん)」はあります。

1974年創業の老舗店「割烹 天ぷら 三太郎」のオーナーが、「さまざまなお客様が気軽に立ち寄れるお店を作りたい」という思いから、オープンした茶房です。

店内は、クリエイティブディレクター・緒方慎一郎氏のデザイン

引き戸を開け通路を進んでいくと、銅製の茶釜と黒いカウンターが印象的な和モダンあふれる空間が広がります。客席は、円形になったカウンターのわずか10席のみ。席間はゆったりと設けられ、座っているだけでぜいたくな気分にひたれます。

昼間でもリラックスできるよう外光を調整したすだれ越しに、日本庭園が垣間見れるのも魅力のひとつ。余計な装飾を削ぎ落としたシンプルな店内のたたずまいに、和の美しさを感じます。

お茶尽くしのランチコース

「昼天茶」(2500円)は前日までの要予約。時間は12時~と13時~の1日2回

「茶房 三」では、お茶だけでなくランチも楽しむことができます。「割烹 天ぷら 三太郎」の板前が作る「昼天茶」は、旬の食材を使った前菜や手毬寿司、天茶、日本茶と和菓子がセットになったコース。

ホタテとえびのかき揚げに緑茶をかけた天茶は、さっぱりと味わえる一品です。ご飯の上にちょこんとのったかき揚げは、サクフワの衣と肉厚なホタテとえびの食感がマッチします。

店内がほうじ茶のこうばしい香りで満たされる

食事とともに供されるお茶は、水出し茶。時間をかけて茶葉を水出しするので、ほうじ茶特有の香ばしさが一段と引き立ちます。香りが広がる大きなグラスに注がれるので、ワインのようにじっくりアロマを楽しめます。

こだわりのお茶と和菓子のペアリング

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ