無料の会員登録をすると
お気に入りができます

老後に2,000万円も不足する?!老後資金の準備の仕方 その1[パパFPの「子どもとお金」]

ライフスタイル

この連載は……

ファイナンシャルプランナーで3人の男の子パパ、福本眞也さんが、子育てしていくうえで避けて通れない「お金の話」をわかりやすくご紹介。子育てに役立つお金の専門知識を、福本さんが子育てしていくなかで感じるリアルなエピソードを交えながら綴ります。

vol.14 人生100年時代の到来。子どもに迷惑をかけない老後を過ごすために その1。

こんにちは。3人の息子の子育てが生きがいのパパFPです。

老後に2,000万円も不足する?!
今学べば間に合う、安心できる老後!

6月初旬から中旬にかけて世間を賑わせた年金問題。金融庁が作成した資料で、老後に2,000万円も不足するとの発表に非難が飛び交いました。果たして、金融庁の発表は「不安をあおるもの」だけのものだったのでしょうか。

新聞やニュースでは「不安」をあおる見出しが多かった気がします。その年金の歴史を振り返ると、国民皆年金体制は戦後に開始されたものであり、平均寿命も男性65才程度、女性70才程度と今のそれに比べて短い時代の1961年(昭和36年)ですから、たかだか60年にも満たない訳です。高度経済成長期やベビーブーム、そして特にバブル好景気には市場金利も高く年金運用益は高く安定し、将来の見通しが万端でした。

時は流れ、1990年初頭のバブル崩壊、2004年グリーンピアを中心とした年金福祉還元事業の経営悪化による大損失、2008年のリーマンショックなどが重なり、年金の運用実績は悪化の一途を辿り、年金の有り方が大きく問われる事態となりました。

更に平均寿命は年々伸び、現在男性は81才を、女性は87才を超えるまでになり、男性の約1/4、女性の約1/2が90才まで生きる時代となりました。
失われた20年と言われる昨今の市場金利は超低空飛行を続け、年金(運用面・給付面共に)には大変厳しい環境が続いているのも事実です。

そんな事態をも乗り越えるには、いったい、どうすれば良いのでしょう。

今回から、老後資金の準備の仕方についてお話ししたいと思います。

将来いくらもらえるのか。
年金制度の理解を深め、ひとつひとつ検証していきたいと思います。

年金の仕組み
年金は2階建てと言われています。
下の図のように1階は国民年金(基礎年金)、2階は厚生年金です。
日本に住んでいれば20才以上60才未満の全ての人が加入しなければなりません。

厚生労働省作成資料より

国民年金:自営業・学生・無職の方。
この階にいる方々を第1号被保険者と言います。

厚生年金:会社員・公務員など何らかの組織で勤務する方。
この階にいる方々を第2号被保険者と言います。

専業主婦(主夫)などは配偶者が会社や組織に勤めていれば厚生年金保険料を支払わなくても国民年金に加入していることになります。
この階にいる方々を第3号被保険者と言います。

ところが、国民年金であれば、配偶者も国民年金保険料を支払う必要があります。
会社勤めの方の配偶者は大変お得ですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ