無料の会員登録をすると
お気に入りができます

人生の選択や人間関係に悩み中!取捨選択できる究極の質問2つ

仕事・婚活・妊活・健康・人間関係…アラサー女子になると今まで漠然としか考えていなかったものにも現実的に直面してきます。押し潰されて鬱に近い状態になってしまう女子も多発だとか。そして悩みは年齢とともに増えるようです。本当に必要なものがわかる質問を紹介します。

2016年1月
ライフスタイル

鬱がひそみ寄っているかも?

一番危険な「自分は大丈夫」

悩みがない人なんてなかなかいません。「ない」ということにしたくて「ない」と言っているのかもしれません。悩みが深刻化して鬱になる人が男女ともに増えています。決まって「まさか自分が」と言っています。

ストレスは発散できても元の悩みは解決しないと、ずっと心にはびこり続けます。ある日突然なんでもないことがキッカケで鬱症状になります。

みんなどんな悩みがあるの?

仕事
婚活
結婚
妊娠
タイムリミット
夫婦生活
人間関係
嫁姑問題
保険
子育て
貯金・運用
自己投資

などなど、あげればきりがありません。多くの人がこうして悩んでいるものの、状況や詳細はみんなそれぞれ違っています。

信頼できる友達に相談をしても全てを知っているわけではないので話してスッキリはするものの、なかなか根本的解決に至らないことも多いかもしれません。本当の解決は自分自身が納得しないと至らないものです。

究極の質問2つ

質問①「最悪のことは何?」

このままでいいのか、考えてたくさんの選択肢が出たけれどどれを選んでいいのかわからない、ということってありますよね。「どうしていいかわからない」という時の質問は「最悪のことは何?」です。

「どれが一番いいか?」を考えるとたくさんの選択が見え悩みが増えるばかりで答えが出ません。真逆で「最悪のことは何?」と質問してください。そこから「最悪の状態」にならないための答えがどんどん出てきます。

例えば「結婚して子供はいつかは欲しいけど仕事もやりたい、でも年齢も」の最悪のことを考えて「家庭を壊したくない」なら今年中には踏ん切りをつけて子供を授かるべきでしょう。

仕事はあと1年思いっきり打ち込め、夫に理解されます。検診など準備できるでしょう。削ることで希望が生まれます。人生で最悪のことが「一生独り」なら、今何をすべきか早速行動あるのみです!

記事に関するお問い合わせ