無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ブラインドタッチができるようになりたい!1週間で習得する方法♡

仕事をする上でパソコンは必須。仕事を早くこなすためにもブラインドタッチができたらいい…そこで1週間でブラインドタッチの習得を目指す方法をご紹介します。

2016年1月
ライフスタイル

「KA KI KU KE KO」のように続けてブラインドタッチできるように。AIUEOを覚えたら意外と簡単です。すべてできたら「A I U E O KA KI KU KE KO SA SI~NE NO」と通しでも打てるようになりましょう。

4日目:「は~わ行」をブラインドタッチ

もう半分のは~わ行も練習しましょう。は=H・ま=M・や=Yは右手の一差し指、ら=Rは左手の一差し指、わ=Wは左手の薬指、ん=NNは右手の一差し指です。

こちらも先ほどと同じように続けてブラインドタッチできるように。「ん」まで打てるようになったら「HA HI HU HE HO MA MI~WA WO NN」と通しでも打てるように。それもできたら「あ~ん」まで通してブラインドタッチ!

5日目:濁点&半濁点をブラインドタッチ

濁点や半濁点も練習しましょう。が=Gは左手の一差し指、ざ=Zは左手の小指、だ=Dは左手の中指、ば=Bは左手の一差し指、ぱ=Pは右手の小指です。

これも通しで打てるようにして「あ~ん」から濁点&半濁点まですらすらとブラインドタッチできるように!

6日目:小さい文字はまとめて打つ

小さい文字も順番にタイピングしていきましょう。きゃ=KYA、しゃ=SYA、ちゃ=TYA、にゃ=NYA、みゃ=MYA、りゃ=RYAなどなど。

濁点や半濁点も同じように。じゃじゅじょはJA JU JOとも打てて、こちらの方がラクなのでおすすめ。これも「KYA KYU KYO SYA~PYA PYU PYO」と通しで打てるようになりましょう。

7日目:今までと違うパターン練習

今までは「AIUEO」という順番に打っていてその打ち方に慣れていったと思います。それを「あかさたなはまやらわ=A KA SA TA NA HA MA YA RA WA」と違うパターンにしてみましょう。

最初はちょっと戸惑うかもしれませんが、徐々にコツを掴んできます。「I U E O」も同じように。あとは繰り返し練習すればブラインドタッチができるようになりますよ。

キーボードを見る→画面を見るの繰り返し

どの練習でも『最初は目で見てキーボードの位置を覚える→何度も指を動かして体で覚える→画面を見て打ってみる』この繰り返しが大切です。

記事に関するお問い合わせ