無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ブラインドタッチができるようになりたい!1週間で習得する方法♡

仕事をする上でパソコンは必須。仕事を早くこなすためにもブラインドタッチができたらいい…そこで1週間でブラインドタッチの習得を目指す方法をご紹介します。

2016年1月
ライフスタイル

ブラインドタッチができるようになりたい!

今やどんな仕事でもほとんどパソコンを使いますよね。仕事を早くこなすためにも画面を見ずにキーボードを打つ=ブラインドタッチができたら便利ですよね。

だけど時間がないし練習するのは難しい…。そこで1週間でブラインドタッチを習得する方法をご紹介します!

1日目:ホームポジションを覚える

まずはキーボードに指をのせる定位置=ホームポジションを覚えましょう。

FとJにひとさし指!

キーボードの真ん中当たりに「F」と「J」のキーがありますよね。よく見ると触ってもわかるようになっています。これがキーボードの目印です。Fには左手の一差し指、Jには右手の一差し指を置きましょう。

あとは自然に他の4本の指を同じ段のキーボードに置いて。左手の中指がD、薬指がS、小指がA。右手の中指がK、薬指がL、小指が;。そして両方の親指をスペースキーへ。これが基本のホームポジションです。

決めた指でタイピングする

基本的に手はホームポジションにキープして、指だけ動かすようにすると、ブラインドタッチをしても指がずれることがありません。そのためにはキーボードは全て決まった指で打つことが大切!

まずはどの指でどのキーを打つのか把握しておくことが大切。間違ったら削除してもう一度。これがもっともタイピングしやすい位置なのです。どんなキーを打ってもすぐにホームポジションに戻すことも忘れずに!

2日目:「AIUEO」をブラインドタッチ

いよいよタイピング練習。まずは「AIUEO」の指の位置を覚えましょう。Aは左手の小指、Iは右手の中指、Uは右手の一差し指、Eは左手の中指、Oは右手の薬指。必ず決まった指で打って。

最初は見ながらでも良いのでとにかく「AIUEO」と続けて打ちます。体が覚えるまで何度も。慣れてきたら画面を見ながら打てるようになるまで練習しましょう。

3日目:「か~な行」をブラインドタッチ

3日目からは子音に入ります。最初は半分のか~な行を練習しましょう。か=Kは右手の中指、さ=Sは左手の薬指、た=Tは左手の一差し指、な=Nは右手の一差し指です。

記事に関するお問い合わせ