無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お弁当に入れてみて♡「#ちくわ」を使ったおかず10選

ちくわはお弁当の隙間埋めにぴったりの救世食材です。具材をつめたり、いためたり、焼いたりと、使い方次第でバラエティが広がるのも良いところ。今回は、ちくわのお弁当おかずをご紹介します。

2019年7月
レシピ

ちくわでお弁当おかずを作ろう

ちくわは漢字で「竹輪」と書き、すりつぶした魚肉を竹などの棒に巻きつけて焼き上げたり、蒸したりして加工した食材です。おでんなどの煮物だけでなく、サラダやピザの具材にも使えて便利ですよね。

masahiro Makino / Getty Images

今回は、ちくわを使用したお弁当おかずをご紹介します。ささっと作れてボリューム満点。明日のメニューに加えてみてくださいね。

ちくわを使用したお弁当おかず10選

①ちくわでボリュームアップ!テリマヨ肉巻き

oceans-nadia.com

豚薄切り肉をちくわに巻きつけたお弁当おかずは、見た目も豪華でボリュームもUP♡育ち盛りのお子さんだけでなく、お父さんへのお弁当としても喜ばれます。豚薄切り肉はしっかり巻くのがポイントです。

レシピはこちら

②ちくわと牛肉のしぐれ煮

oceans-nadia.com

牛肉のしぐれ煮は大人気のお弁当おかずですが、ちくわを加えてかさ増ししてみましょう。食感も良くなり、見た目も豪華になります。

レシピはこちら

③ちくわ1本で2種!きゅうりたくあん詰め

recipe.rakuten.co.jp

ちくわを真ん中で斜めにカットしたあと、細く刻んだきゅうりとたくあんを詰めたレシピです。立体的な断面になるため、お弁当がぱあっと華やぎますね。

レシピはこちら

④ちくわとハムと紫蘇をつかったお弁当隙間おかず

recipe.rakuten.co.jp

ちくわの一辺に包丁で切り込みを入れ、ハムと紫蘇を巻いたものをIN。包丁で真中部分を斜めにカットすると、きれいな渦巻状の切り口が出現します。お弁当の彩りにどうぞ。

記事に関するお問い合わせ