無料の会員登録をすると
お気に入りができます

要注意!夏の2大肌トラブル「日焼け」「虫刺され」の予防&対処法

ライフスタイル

梅雨が終われば、お楽しみ満載の夏到来! 海へ山へ、アウトドアで過ごす時間も増えてきます。でも、そんなときに心配なのが「日焼け」と「虫刺され」。レジャーをエンジョイしながらも、肌をしっかり守る予防&対処法を知っておきましょう。

今からしっかり注意したい「日焼け」

日焼けは、紫外線を浴びた肌が赤く炎症を起こした状態です。紫外線を浴びると細胞を保護する防御反応からメラニンを生成。新陳代謝によりメラニンは剥がれ落ちますが、蓄積するとシミに! 紫外線は肌の弾力を保つ線維にもダメージを与え、老化の原因にもなります。近所の外出でも油断は禁物。日焼け止めを使用して肌を守りましょう。

〈紫外線による肌ダメージのメカニズム〉

地表に届く紫外線にはUVA、UVBがあります。UVAは肌の奥まで届き、ハリや弾力のもととなる細胞を損傷。UVBは肌表面にダメージを与え、いわゆる日焼けの症状を引き起こします。

【まずすべきことは?】

●日焼けで赤みやほてりが出てしまったら…

冷却シートなどで患部を冷やし、乾燥を防ぐため保湿を。ローションタイプより、クリームタイプの保湿剤がしみにくくオススメです。皮がめくれてきても無理に剥がさず、気になるようならハサミでカットして。

【予防・対処法は?】

●日焼け止めで肌をガード!

〈日常使いなら…〉

日焼け止めの数値は、SPF(UVB防止効果)30、PA(UVA 防止効果)++で充分。肌が弱い人は紫外線吸収剤不使用タイプを。2時間おきに塗り直すのがベターですが、UVカット効果のあるパウダーを重ねても。

〈レジャーなどで使用したいなら…〉

数値は日常使いと同じものでOKですが、落ちにくいウォータープルーフタイプを。紫外線吸収剤使用のものは汗に強いのが特徴です。こまめに塗り直したいときは、手が汚れないスティックタイプが便利。

〈CHECK! 飲む日焼け止めで紫外線をさらにブロック〉

最近注目されているのが、サプリメントタイプの日焼け止め。主に天然成分でできており、服用して数時間でUVケア効果を発揮。塗る日焼け止めと併用するのがオススメです。

〈日焼け止めの塗り方のポイント〉

1. 二度塗りで塗りムラを防止!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ