無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏は異国の味♡「#ナンプラー」のおすすめアジアン料理10

ナンプラー(nam pla)は、タイの調味料の1つ。独特の癖があるため好き嫌いが分かれますが、一度はまるとやみつきになります。夏こそナンプラーで異国の味を堪能してみませんか?おすすめのレシピをご紹介します。

2019年7月
レシピ

自宅で異国の味を再現しよう

ナンプラーはタイで使用されている調味料で、魚醤の1つとされています。ナンプラーは、炒め物やカレー、スープなどに用いられており、タイをはじめ、アジア圏で広く食べられています。

redcurryduck / Getty Images

ナンプラーは少し癖がありますが、調理次第でぐぐっとおいしくなりますよ。自宅で本格的なアジアン料理を堪能してみませんか?おすすめのレシピをご紹介します。

作ってみたい!本格アジアンナンプラー料理

①お中元のカニ缶で♡プーパッポンカリー

erecipe.woman.excite.co.jp

カニ缶はお中元やお歳暮でいただく方もいるのではないでしょうか。サラダや炊き込みご飯も美味しいですが、ナンプラーと合わせてタイカレー(プーパッポンカリー)を作ってみませんか?カニの旨味を堪能できます。

レシピはこちら

②お家で本格トムヤムクン

www.lettuceclub.net

トムヤムクンは世界三大スープの1つ。甘い辛い酸っぱいなど、複雑な味が楽しめます。自宅で再現するのは意外と簡単!ナンプラーやパクチー、エビ、ライム(なければレモン汁)等で煮るだけです。

レシピはこちら

③フライパンでぱぱっとパッタイ

oceans-nadia.com

パッタイはタイの焼きそばのような麺料理。野菜やエビ、ピーナッツなど、沢山の材料を入れて炒めます。麺の太さは色々あり、最近は輸入食材店でも気軽に入手できます。そうめんでアレンジしてもgood!

レシピはこちら

④青パパイヤでソムタム

oceans-nadia.com

青パパイヤは脂肪分解酵素がたっぷり含まれおり、ダイエットの救世主になる食材です。ソムタムはライムやナンプラーが入ったサラダで、甘酸っぱい味わい。しゃきしゃきの食感も楽しめます。

レシピはこちら

⑤ナンプラーでガイヤーン

oceans-nadia.com

タイの屋台でよく見かける鶏肉料理は、ガイヤーンと呼ばれるもの。ナンプラーやオイスターソースを使用して味付けされています。鶏もも肉でも作れるため、バーベキューの具材としても良いですよ。

レシピはこちら

⑥鶏肉の冷製フォー

oceans-nadia.com

ベトナムの代表的な料理フォーにもナンプラーは使用されています。鶏胸肉ともやし、パクチー、ナンプラーが手に入ったら冷たいフォーを作ってみて♡暑い日にぴったりのひんやりごはんです。

レシピはこちら

⑦ベトナム風そぼろきゅうりサラダ

oceans-nadia.com

鶏そぼろとアミエビ、ピーナッツなどと和えたきゅうりは、ナンプラーで調理すると一気にベトナム風な味になります。ビールのおともにもおすすめの夏メニューです。

レシピはこちら

⑧韓国料理にも!ニラ鶏肉キムチ

oceans-nadia.com

ナンプラーは韓国料理にも使えちゃう♡キムチやニラ、鶏胸肉と一緒に和えると激辛味のおかずが完成します。ナンプラーがコクと深みをプラスします。

レシピはこちら

⑨夏に食べたいきゅうりの紫蘇ナンプラー漬け

oceans-nadia.com

夏野菜の代名詞きゅうりと紫蘇は、ナンプラーとの相性もばっちり。コチュジャンやにんにくと一緒に混ぜてみましょう。ビールに合うおつまみ系おかずです。

レシピはこちら

⑩オクラとナスのサラダ

erecipe.woman.excite.co.jp

片栗粉をからめてから茹でたなすは、ぷりっぷりの食感を作り出します。オクラと一緒に和えた新感覚のサラダを試してみて♡ナンプラーは少量使いのため、苦手な方でも食べやすくなっています。

レシピはこちら

ナンプラーでアジアン料理

Tharakorn / Getty Images

ナンプラーはなんだかハードルが高い調味料にみえますが、餃子のつけだれやドレッシングの隠し味、カレー、スープなど、比較的何にでも使えます。いろいろな料理に使ってみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ