無料の会員登録をすると
お気に入りができます

迷わず冷凍室へ!冷凍保存がむしろおすすめの9つの食品

食品を冷凍すると、栄養価が落ちる、傷んで味が落ちる、というイメージはありませんか?ところが最近、冷凍によってむしろプラスの効果が期待できる食品があることがわかってきたんです!

2016年1月
ライフスタイル

冷凍食品の保存

ネガティブなイメージの多い冷凍保存でしたが、実はいくつかの食品は冷凍することによって、栄養価が増したり、旨味が増したりと、プラスの効果があることがわかってきたんです!長期保存もできて、一石二鳥なんですね。

冷凍保存がおすすめの食品

①ブロッコリー

30秒ほどさっと塩茹でし、冷凍することで、通常1週間で半分に減少してしまうビタミンCの9割を残すことができると言われています。さらに、ルテインや、ビタミンAの助けにもなるβカロテンは約4倍に増えると言われています。

②トマト

pixabay.com

トマトは冷凍することで、旨みがアップし、さらに水でさっと解凍することで簡単に皮もむけるようになるなどメリットがたくさん。悪くなりやすいので、すぐに使わない分はさっと冷凍してしまいましょう。

③にんじん

和食から洋食まで幅広く役立つにんじんも、冷凍することで生のにんじんと比べてルテインが3倍、βカロテンが2倍、ビタミンCとポリフェノールも増えることがわかっています。よく使うサイズに切って冷凍しましょう。

④キノコ類

きのこ類は基本的に冷凍することで旨み成分が3倍にも増えるんです。ただし、食感を楽しむようなエリンギやブナシメジなどのきのこは冷凍することでやわらかくなってしまうので、細かく刻んで使う、などの工夫が必要かも。

⑤小松菜

小松菜は、生のまま適度な大きさにちぎって冷凍します。使うときは軽く水洗いをして絞れば、細胞が壊れて、茹でたのと同じ状態に!茹でないので、ビタミンの流出もなく栄養価が高いままなんです!

記事に関するお問い合わせ