無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おしっこなどの刺激でおしりがただれる 赤ちゃんのおむつかぶれの症状とケア[医師監修]

赤ちゃんの病気【おむつかぶれ】って?汚れたおむつを長時間あてているのが原因。おしりの皮膚が炎症を起こし、皮むけや痛みも。

子育て
www.gettyimages.com

赤ちゃんの肌はとてもデリケート。汗や汚れ、気温・湿度の変化、衣類やおむつとの摩擦など、ちょっとしたことでトラブルを起こしてしまいます。また皮膚は、熱や感染症などのサインを出してくれます。何か異常があったら、早めに受診しましょう。

赤ちゃんのおむつかぶれって?

汚れたおむつを長時間あてているのが原因。おしりの皮膚が炎症を起こし、皮むけや痛みも。

おむつかぶれの主な症状

・おしりにブツブツや水疱

おむつかぶれになりやすい月齢・年齢

新生児期~

おむつかぶれになりやすい季節

通年(春・夏・秋・冬)

関連:赤ちゃんのおむつかぶれ 「原因」と「いますぐできる対策」

赤ちゃんのおむつかぶれ おしっこなどの刺激でおしりがただれます

うんちがやわらかく、回数が多い低月齢のころや夏に多く見られます。
汚れたおむつを長時間していると、尿が分解されてアンモニアが発生し、それが刺激となっておむつをあてている部分が炎症を起こします。おしりをふくときの物理的な刺激が原因になることもあります。

最初は皮膚が赤くなるだけですが、ひどくなると赤いブツブツ(丘疹)ができ、重症になると皮膚がむけてジュクジュクして、排尿や排便のたびに痛がります。

おむつかぶれができやすい部位

肛門周囲やおむつがあたっているところにできます。
紙おむつのギャザーがあたる部分もできやすい場所です。

肛門周囲を中心に赤くなり、ブツブツや皮むけを生じることもあります。
便がゆるいほどできやすく、治りにくいものです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ