無料の会員登録をすると
お気に入りができます

浅間山が正面!初夏が似合う「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」へ

旅行・おでかけ

新幹線が停車する軽井沢駅から送迎バスで15分。自然が多く残る南軽井沢の発地地区に、7万坪の広大な敷地を擁するリゾートホテル「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」があります。2018年7月、7年の時間をかけて完成した、クラシカルで贅沢なひと時を過ごせるホテルです。

「幻のホテル」への入り口はひっそりと

小さなサインボード

季節の花が楽しめる軽井沢レイクガーデンから車で5分、道路の分岐点に、「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」と小さなサインボードがあります。こちらはあえて目立たないようにしているそうで、「え?こんなところにホテルがあるの?」と、小さな驚きがあります。

このホテルのコンセプトは「幻のホテル」。ホテルへ到着する前から、非日常の空間へ期待が高まります。

クラシカルにまとまった上質な空間

自然に囲まれたリゾート

緑が多い敷地内に入ると、山の斜面を上っていったところに、クラシカルな木造建築の洋館が見えてきました。

チェックインはラウンジで

こちらが本館で、中に入ると、こぢんまりとしたレセプションがあり、手続きは隣接するラウンジで行います。このラウンジ、暖炉とゆったりとしたソファが置かれたクラシックな空間で、夕方からはバー「ルージュ」もオープン。大きな窓からは浅間山が望めます。

レセプションはあえてこぢんまり

広々としたシックな客室

ジュニアスイートルーム

案内された部屋はシックな色合いでゆったりとしています。本館に45の客室が、ほかに「山の上スイート」と「ヴィラスイート」のコテージが13室あり、最低でも48.2㎡という広さです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ