無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1時間歩くよりバスタイム9分!333入浴法が凄い♡

冷え性改善に効果のある入浴法であるとTVで紹介された「333入浴法」。しかも、たった9分お風呂につかるだけでダイエット効果もあると話題になっているんです!

2016年1月
美容

この時期はとくにつら~い冷え

この時期、夏場に増して手や足の冷えにお悩みの女性はとても多いですよね。しっかりお風呂などで温まってもやっぱり冷える…。

そんな中、1万人以上の冷え症患者を治療したという実績をお持ちの女医さんがTVで紹介した「333入浴法」が冷え性改善にとてもいいと話題になっているんです。

半身浴より「333入浴法」

「半身浴大好き♡」という人多いですよね、好みの入浴剤を入れてみたり本やスマホを持ち込んでぬるめのお湯にゆっくりつかる。

しかし実は正しい半身浴ができていない人が意外と多いんです。浴室の室温を高くたもったり、湯温を一定にするなどなど。意外とポイントが多く、間違った半身浴は逆に体を冷やしてしま事も。

そこでオススメしたいのが、冷え性改善とダイエットがたったの9分でできちゃう「333入浴法」なんです。

その効果にみんなビックリ!

333入浴法のやり方

①41~42℃くらいの熱いと感じるくらいのお湯に3分間肩までつかる。

②お湯から出て体や髪を洗ったりマッサージなどして3分間過ごします。

肩まで3分つかって3分お湯から上がる、これを3セットくり返すだけ!

「333入浴法」はダイエット効果も

熱めのお風呂に肩までしっかりつかることで、体に圧力がかかりお風呂から出た時に一気に血流が良くなります。これを繰り返すことで、約300kcal程度のカロリー消費に。

この約300kcaはジョギングだと約30分、ウォーキングだと約1時間分と同等の効果なんだとか。たった9分の入浴で効果が得られるなんて驚きです。

効果を高めるポイントと注意点

1、肩までしっかりつかる

333入浴法は、水圧からの解放でいっきに血をめぐらせるのもポイント。なので、肩までしっかりつかりこれを繰り返すことで運動と似た効果が出るというわけです。

2、お湯の温度に気をつける

「41~42℃くらいの熱いと感じるくらいのお湯」が重要、ぬるいお湯だと効果がなく熱すぎると体に負担がかかりすぎてしまいます。高血圧や心臓に疾患がある人は絶対に行わないようにしてください。

store.ponparemall.com

3、水分補給を忘れずに

入浴前に水分を補給することで汗が出やすくなります。入浴後は汗をかいて失った水分を補給。お風呂あがりは冷たいものが欲しくなりますが、せっかく温まった体が冷えるので、グッと我慢して常温のお水などが◎。

4、寝る直前には行わない

熱いお湯に浸かると交感神経が働き、活動モードになってしまいます。333入浴法を行う場合は、せめて寝る1~2時間前くらいには入浴を終わらせ、寝るまでにゆっくりリラックスできる時間をとり体を休めましょう。

今日からバスタイムは冷え性改善+ダイエット♡

たった9分の入浴で体の芯からポカポカになり、1時間ウォーキングするのと同等のカロリーが消費できるなら試してみなきゃ損!さっそく今夜から333入浴法に切り替えてみてはいかがでしょうか?

記事に関するお問い合わせ