無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“貯金ゼロ女子”は必見!年金不足でも生き抜ける最新「貯めるコツ」♡

今話題になっている年金不足。不安になっている人も多いのでは? 消費税増税もあるし、なかなか貯金が増えない......という人に向けて、最新の「貯めるコツ」をご紹介!「貯金がほぼゼロ」の人でもできる、資産形成の基本をレクチャーします。

2019年8月
ライフスタイル

貯金がほぼゼロで不安...

fizkes / Getty Images

年金だけでは老後の生活は難しい…。焦っている人も多いのではないでしょうか。貯金がなかなかできない女性のために、ファイナンシャルプランナーの山口京子先生に相談しました。「貯蓄や投資は始めるのが早ければ早いほど有利。まだ始めていない人は、諦める前に『人生で一番若いのは今日』と考えてスタートを!」

山口京子(やまぐち・きょうこ)●大学在学中からテレビ・ラジオに出演。卒業後はフリーアナウンサーに。お金好きが高じてファイナンシャルプランナーの資格取得。情報サイトオールアバウト『家計管理』『お金美人のすすめ』執筆、テレビ、ラジオ、セミナーで活動中。著書に『お金に泣かされないための100の法則』(主婦と生活社)ほか。

山口京子先生のオフィシャルサイトはこちら

「貯金ほぼゼロ女子」から脱するには?

3つのお財布をつくろう!

William_Potter / Getty Images

「貯金が苦手な人が貯金をするのは、右利きを左利きにするくらい難しいんです。お金が貯まる人は使う前に貯めるのが当たり前。お金は自動的には貯まりません。お金を貯められない人は、貯める意識を持つこと。まずは、お財布を3つに分けることが大切です」と山口先生は言います。

お財布その1:使うお財布(銀行口座)

lolostock / Getty Images

「まず、家賃や水・光熱費、通信費などの固定費や食費、交際費、被服費などの変動費を把握して、日々のやりくりを完成させましょう」(山口先生)。使いすぎている変動費は見直すこと。ただし、節約しすぎると生活に潤いがなくなり辛くなってしまうので、ストレスにならない金額を見極めて。普通預金に入れるのは生活費の3か月分くらいを目安にしましょう。多く入れすぎると油断して使い過ぎてしまうことに。

お財布その2:貯めるお財布(銀行口座)

marchmeena29 / Getty Images

「5年以内にまとまった金額を使う予定がある場合は貯めるお財布に。たとえば結婚式や新婚旅行の費用、住宅購入の頭金、万が一失業したときに備える生活費などは貯蓄しておきましょう」(山口先生)。手取り収入の1〜4割を定期預金に入れるよう設定すればOK。旅行やお買い物などごほうびを設定しながら、長く続けることが貯金成功の秘訣です。

お財布その3:増やすお財布(証券口座)

Indysystem / Getty Images

「5年以上使わないお金は、増やすお財布に回しましょう! 初心者なら低コスト低リスクで始められる積立投資がおすすめです」と山口先生。毎月1万円ずつなど金額を決めて、投資信託の商品を購入する投資方法です。「投資は怖いという人もいますが、一番のリスクは投資を始めないこと。積立投資なら、安いときには〈たくさん買える!〉と思えば楽しめますよ」。

記事に関するお問い合わせ