無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ポイントつき!かんたん♡常備菜デビューはこのメニューで決まり!

「常備菜」というワード、最近よく聞きませんか?常備菜は、日持ちする作り置きできるおかずのこと。お弁当のおかずや夜ごはんの副菜になるうえ、お野菜も摂れる優れもの!あなたも常備菜デビューしてみませんか♡

ライフスタイル

常備菜って何?

「常備菜」というワード、最近よく聞きませんか?常備菜は、日持ちする作り置きできるおかずのこと。休日に作っておくと、お弁当や仕事終わりの夜ごはんとして使えるので、とっても便利で人気です。しかも、お野菜もたくさん取れる優れもの!

休日にたくさんのおかずを作るなんて、時間がかかりそうだし、調理も難しそうだと思っていませんか?そんなあなたに、常備菜を作るときにおさえたいポイントと、本当にとっても簡単な常備菜レシピを5つご紹介します!

かんたんレシピで常備菜デビューしましょう♡

常備菜を作る上でのポイント

水分を少なくすること

水分があると菌は増殖します。食品の水分を少なくすることで、菌の増殖を防ぎます。調理するとき水分をとばしたり、水分の多いお野菜の常備菜は早めに食べたりするなど必要です。

よく火を通すこと

調理するとき、しっかり火を通し食品を殺菌しましょう。火を通して水分をとばすことも大切です。少しずつ取り分けて食べるときは、その都度火を通すと殺菌により効果が。代わりにレンジで温めるのでもOKです。

味付けを濃い目にすること

醤油、塩、お酢、砂糖などには、食品に微生物が増殖するのを抑えてくれる効果が。しょうが、にんにく、唐辛子などには、殺菌作用があるといわれています。これらの調味料で味を濃い目にすることで長持ちするのです。

容器や取り分けるお箸にも気を付けること

容器に水分がついていたり、空気が入りやすかったりすると、容器内でも菌が増殖してしまいます。密封できる容器を使いましょう。取り分けや盛り付けのときも、直箸でやらないように気を付けましょう。

記事に関するお問い合わせ