無料の会員登録をすると
お気に入りができます

海外オークションでも価格高騰中。幻の有田焼ジュエリー〈トシカネ〉が一挙集結!

旅行・おでかけ

昔から手先が器用なことで知られる日本人。表情豊かで繊細な物づくりは、今も昔も国内外問わず、多くの人々を魅了します。

今回ご紹介する磁器・有田焼でつくられた幻のジュエリー〈俊兼ジュエリー(通称:トシカネ)〉も日本人の技術が冴え渡る、優れた工芸品のひとつ。

7月7日(日)より、東京・渋谷のHOLE IN THE WALLで開催される『「SUPERCRAFT -TOSHIKANE JEWELRY-」~限界を超えたスーパークラフト。緻密なミクロアートの小宇宙~』は、そんな〈トシカネ〉の貴重なコレクションを集めた展覧会です。

その緻密なデザインで、海外では薩摩ボタン並みに貴重と評価されているそう。わずか2センチばかりですが、本当に細かく描き込まれています。これは職人の技術と情熱があってこそ。こちらは特に欧米人が好んだというオリエンタルなモチーフ。耳に付けるとこんな感じ。

もともと、有田焼の帯留めブランドとしてはじまった〈トシカネ〉。それが戦争などを経て、かたちを変えつつ人々に親しまれ日本人だけでなく欧米人からも注目されていました。

しかし、1985年に起きた世界的な経済のあおりを受けてアメリカへの輸出がストップしたことから、徐々に姿を消していき、現在では“幻のジュエリー”とまで呼ばれるように。

引き込まれそうになるほどの緻密でオリエンタルなデザインは、まさに唯一無二。現在でもファンが多く、海外オークションでは1円玉サイズ程度の〈トシカネ〉が数万円で取引されるなんてことも。

本展は、そんな〈トシカネ〉の貴重なコレクションを一挙に集めた、世界初の試みとなる企画展なんだそうです。

〈トシカネ〉の歴史に思いを馳せ、流通されていた当時をあれこれ想像するのもまた一興。どうぞ、歴史の片隅で生まれたロマンチックな宝財を、この機会に堪能してみてください。

information

「SUPERCRAFT -TOSHIKANE JEWELRY-」~限界を超えたスーパークラフト。緻密なミクロアートの小宇宙~

会場:HOLE IN THE WALL(東京都渋谷区渋谷1-20-5 学校法人 水野学園)
会期:2019年7月7日(日)~7月18日(木)
時間:12:00~18:00
料金:入場無料

Web:https://www.missinglink.tokyo/

writer profile
Kanae Yamada
山田佳苗
やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ