無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お米好きなら「#フィリピン料理」♡おすすめレシピ10

レシピ

料理の“るつぼ”「フィリピン料理」

フィリピンは、歴史的事情により、アメリカやスペイン、中国などの影響を受けた国です。それは食文化にも広がり、独自の変化を遂げてきました。そんな食文化の根幹を成しているのが「お米」。フィリピンには「お米に合うおかず」が数多くあります。

golubovy / Getty Images

そのせいか、日本人の中にはフィリピン料理にはまってしまう人たちが一定数いる模様。理由は「ほっとするから」だそう。お米が大好きな方はフィリピン料理を作ってみませんか?とっておきのレシピをご紹介します。

自宅で作れるフィリピン料理10選

①アドボ(Adobo)

oceans-nadia.com

アドボ(Adobo)はフィリピンの煮込み料理のこと。語源はスペイン語のアドバル(adobar)からきています。手羽元や豚足を酢や醤油、魚醤などで煮込みます。白米だけでなくビールも進む味付けです。

レシピはこちら

②カレカレ(Kare-kare)

recipe.rakuten.co.jp

カレカレ(Kare-kare)は、野菜とピーナッツソース、牛肉を煮込んだフィリピン版シチュー。とろっとしたルーにごろごろと具材が入っています。アドボとともにフィリピンの国民食と言われている一品です。

レシピはこちら

③シシグ(Sisig)

recipe.rakuten.co.jp

シシグ(Sisig)は、細かくカットした豚肉を醤油やお酢、にんにく、唐辛子などで炒めた料理です。しっかりとした味付けはビールのおつまみにぴったり。ごはんにかけて丼にして食べるのもおすすめです。

レシピはこちら

④ピナクベット(Pinakbet)

recipe.rakuten.co.jp

ピナクベット(Pinakbet)は、色々な野菜をバゴオン(フィリピン版塩辛)で煮込んだ料理のこと。こちらのレシピでは、アミの塩辛で代用しています。たっぷりの野菜を食べたい時にどうぞ。

記事に関するお問い合わせ