無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自分に合った片づけ方が分かる!「利き脳」で知るタイプ別・快適収納

ライフスタイル

収納本のお手本をまねしても、すぐ挫折したり元に戻ったり… 。そのたびに、収納への苦手意識が膨らんでいませんか? 実はその解決法は、「脳」が得意な方法を見つけることでした。「利き脳」を味方にし、ストレスのない収納を始めましょう。マスターライフオーガナイザーの吉川圭子さんに教えてもらいました。

右脳タイプと左脳タイプで、うまくいく収納法が違う

「利き脳は、自分のことを知る一つの手段」と吉川圭子さん。「苦手なこと、得意なことは人それぞれ違います。誰かがうまくいった片づけ法や収納法が、必ずしも自分に向いているとは限りません。では、自分が苦手なこと、得意なことは何か?と考えたとき、手助けになるのが利き脳なんです」

右脳は、ひらめきやイメージを処理して、音楽を聴いたり図形を読み取ったりする分野に敏感。左脳は話すことや書くこと、分析や論理的な思考が得意です。情報を取り込む「インプット」と、行動に表わす「アウトプット」で、どちらの脳がスムーズに使われるかにより、タイプは「右右」「右左」「左右」「左左」の4 つに分けられます。

利き脳を知る方法は指組みと腕組み(下記参照)だけでとっても簡単。タイプが分かると気持ちがすっと楽に!

【利き脳とは】

考えたり、行動したりするときに、心地よくスムーズに使える脳のこと。右利き、左利きと利き手があるように、脳にも右脳か左脳かの「利き脳」があり、インプットとアウトプットの組み合わせでタイプは4つ。それぞれに行動の癖や苦手なこと、得意なことの傾向があるんです!

【あなたの利き脳をチェック!】

指組みと腕組みで分かります。意識せずに自然に組み、どちらも「下にくるほう」を見ます。

インプット:指組みでチェック

●右手の親指が下なら右脳タイプ

●左手の親指が下なら左脳タイプ

アウトプット:腕組みでチェック

●右腕が下なら右脳タイプ

●左腕が下なら左脳タイプ

【この4タイプに分かれます】

インプット:情報を取り込んで把握するときに使う脳

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ