無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一振りでグっとおいしい!定番メニュー別オススメ隠し味8選

今回ご紹介するのは、ハンバーグやシチューなど、各人気メニューにぴったりな隠し味!しかもどれも身近なものばかりなので、明日からでも使えちゃいます。マンネリしがちないつものご飯、隠し味でグッとおいしくさせてみませんか?

2016年2月
レシピ

いつものご飯を、簡単においしくする方法!

頑張って作った料理。でも、何かが足りない…

一生懸命作った料理。でも、なんだか旨味がない、コクが足りない…と感じたことはありませんか?そんな時にオススメしたいのが、「隠し味を使うこと」です!

人気メニューごとに隠し味をご紹介!

pixabay.com

そこで今回ご紹介するのは、ハンバーグやシチューなど、各人気メニューにぴったりな隠し味!しかもどれも身近なものばかりなので、明日からでも使えちゃいます。マンネリしがちないつものご飯、隠し味でグッとおいしくさせてみませんか?

「ハンバーグの隠し味」2選

1.味噌

www.photo-ac.com

味に深みが欲しい時は、ひき肉100gに味噌を小さじ1/2程度混ぜてみましょう。和食のイメージが強い味噌ですが、この調味料は本来、どんな素材とも合わせられる優れた力を持っています。ですから洋食とだって相性バッチリ!普段よりコクのある味わいに変身しますよ。

2.マヨネーズ

肉汁には旨味がたっぷり。でも、焼くだけで溢れていってしまうことに悩んではいませんか?そんな時は、ひき肉100gにマヨネーズを10gほど混ぜてから焼いてみて。肉汁が閉じ込められ、やわらかくてジューシーなハンバーグに仕上がります!

「クリームシチューの隠し味」2選

1.とろけるチーズ

pixabay.com

プロが作ったようなシチューが食べたいなら、チーズを溶かし入れてみるのがオススメです。濃厚で、それでいてまろやかな口あたりになりますよ。ポイントとしては、仕上げの最後の最後で入れること。トロトロ食感、ぜひ寒い季節にお試しあれ。

2.バター

www.photo-ac.com

コクを引き出す時に活躍するものといったら、生クリーム。ですが、バターでも代用は可能です。具材全体にバターを1かけ絡め、火を通してください。それだけでシチューの味が深まります!塩分が気になる場合は無塩バターでどうぞ。

「カレーの隠し味」2選

1.ニンニク

www.photo-ac.com

カレーの隠し味代表といっても過言ではないニンニク。具材と一緒に炒めるだけで、なんとも食欲をそそる良い匂いをつけてくれます。注意するポイントとしては、量をあまり多くし過ぎないこと。カレールー1箱に対し、1かけ~2かけ程度が一般的なバランスですよ。

2.インスタントコーヒー

いつもと違うカレーが食べたい時は、インスタントコーヒーを隠し味に選んでみて。少しのほろ苦さが大人っぽい、本格的なカレーに仕上がります。量は小さじ1程度で、入れるタイミングはルーを完全に溶かしてからがベスト。入れ過ぎ・溶け残りにはくれぐれも気をつけて!

「肉じゃがの隠し味」2選

1.コンソメの素

www.photo-ac.com

肉の旨味と野菜の甘味でできたコンソメは、肉じゃがのメイン達と相性抜群。入れれば濃厚なコクが出て、箸が止まらない一品に!おつまみにもいけちゃいますよ。固形のコンソメであれば、肉じゃが約3人分に1個でOK。

2.ケチャップ

www.photo-ac.com

さっぱりと仕上げたい時は、意外にもケチャップが活躍!酸味が上手く働いて、爽やかな風味を作り出します。適量は肉じゃが約3人分に大さじ1程度。ケチャップを入れる代わりに醤油などの調味料を減らせば、おいしい減塩対策にもなりますよ。

一振りで、料理はもっとおいしくなる!

少し加えるだけでおいしくなる、優れた調味料

ほんの少しの手間で、料理の出来栄えはびっくりするほど変わります。グレードアップしたご飯を独り占めするもよし、思い切って皆に振舞っちゃうもよし。料理の世界、もっともっと楽しんでくださいね!

お料理の魔法をもっと見る!

記事に関するお問い合わせ