無料の会員登録をすると
お気に入りができます

言葉にしなきゃ伝わらない!絆を強める「ケンカ」の仕方

パートナーとのケンカを避けていませんか?しかし、ケンカは言いたいことをきちんと伝えて、仲を深めることもできる大切なコミュニケーションでもあるのです。そこで絆を深めるケンカの仕方を知っておきましょう。

2019年7月
恋愛・結婚

彼とのケンカを避けてない?

絆を深めるケンカもある

パートナーに不満があっても、ケンカや対立が面倒で相手に伝えることを避けてしまう方も多いのではないでしょうか。しかし、不満は隠してもついこぼしてしまうもの。我慢もいつかは限界を迎えてしまいます。

Mladen Zivkovic / Getty Images

パートナーシップにおいて互いの本音を知ることはとても重要です。ケンカで大切なのは感情に任せた「口論」ではなく、互いの意見をすり合わせる「話し合い」をすること。そんな絆を深めるケンカの仕方を学びましょう。

感情的になりすぎない

気持ちを落ち着かせる時間を設けるのもあり

ケンカで“感情”を伝えることは大切です。しかし、感情的になりすぎると、言わなくても良いことまで言ってしまうこともあります。相手を深く傷つければ、もう修復不可能かも…。

Westend61 / Getty Images

まずは気持ちを落ち着けましょう。相手にも「冷静になりたいから一人にさせて」「考えたいことがあるから時間をちょうだい」など一言断りを入れて、一人でいる時間を作るのも良いです。

“怒り”を自分で考えてみる

相手に伝えるためにも自分をよく理解する

“怒り”がぶつかると感情的なケンカになってしまいます。相手に怒りをぶつけるよりは、まず自分自身で“怒り”を考えましょう。なぜ怒ったのか、奥底にある“気持ち”や“本音”があるはず。自分の心に寄り添うことになります。

g-stockstudio / Getty Images

彼の態度に悲しくなった。彼の行動に不満がある。彼の言葉に傷ついた。怒りの陰には、自分のさまざまな気持ちが隠れています。彼にどうしてほしいのか、どうなってほしいのか、関係をどうしたいのかという自分なりの、解決方法も考えておきましょう。

きちんと話し合いの場を設ける

お互いに心の準備をさせて

自分の気持ちを整理できたら、いよいよパートナーとの話し合い。日常会話の中でいきなり話し出すのではなく、きちんと話し合いの場を設けましょう。「彼が取り合ってくれない」と嘆く人は、彼が心の準備をできていないときに話し合いを始めようとしていることも多いです。

LightFieldStudios / Getty Images

「〇〇について話したいんだけど、今いいかな?」と相手にもきちんと心の準備をさせて。「ちょっと待ってほしい」と彼が言うなら、待ちましょう。

記事に関するお問い合わせ