無料の会員登録をすると
お気に入りができます

レトロかわいい、谷中銀座のゆるスポット6選。つるんと冷たい水あんみつや“猫のしっぽ”のようなドーナツを味わうお散歩ガイド

旅行・おでかけ

2019年の夏は、気まぐれな天気に翻弄されそうな予報。そんなときは近場の都内でマイペースにゆる~く夏を満喫してみませんか? 今回ご紹介する谷中銀座商店街は、全長約170mとコンパクトながらも、昔ながらの商店をはじめ、個性豊かな約60店舗が並ぶ、下町情緒あふれる商店街。“猫のしっぽ”そっくりな焼きドーナツを食べ歩いたり、カラフルなランプを記念に作ってみたり。古きよき下町の“銀座”をのんびりお散歩しよう。

谷中名物スイーツを食べ歩き

猫のしっぽそっくりの焼きドーナツにきゅん!

「やなかしっぽや」は、谷中界隈にたくさんいる、猫のしっぽをモチーフにした焼きドーナツの専門店。

常時点灯に並ぶドーナツは13~14種類。生地には三重産の小麦粉「あやひかり」や、北海道産のテン菜糖、奄美諸島産のキビ糖、アルミニウム無添加のベーキングパウダーを使うなど、なるべく国産の、安心・安全な素材を使用。ブラックココア生地にホワイトチョコチップを入れた一番人気の「とら」(130円)や、カマンベールチーズクリームとミルククリーム入りの「ボブ」(160円)など、ユニークな味わいや、まるで猫の名前のようなキュートなネーミングにも注目。

やなかしっぽや

住所/東京都台東区谷中3-11-12
交通アクセス/JR「日暮里駅」より約徒歩5分
営業時間/10:00~18:00、土曜・日曜・祝日10:00~19:00
定休日/不定
電話番号/03-3822-9517

栗尽くしのスイーツ専門店で味わう濃厚ソフトクリーム

「和栗や」はその名のとおり、“栗の鮮度”にとことんこだわり、一年を通して和栗を使ったスイーツが楽しめるお店。茨城県笠間市には、お菓子に適した品種の栗を栽培する自社農園も持っているそう。

和栗ならではの濃厚な香りや甘みを生かしたイートイン限定の「栗薫モンブラン」(700円)や「和のモンブラン」(春~秋980円)をはじめ、持ち帰り限定の和栗シューも大人気。食べ歩きには「栗薫ソフト」(500円)をどうぞ。搾りたての生乳に和栗ペーストを約30%も配合したオリジナルのソフトクリームで、まるで和栗をそのまま食べているみたい! 数量限定なので、お早めにどうぞ。

和栗や

住所/東京都台東区谷中3-9-14
交通アクセス/JR「日暮里駅」より約徒歩5分
営業時間/11:00~18:00(イートイン17:30LO) ※無くなり次第終了
定休日/春期、秋期の繁忙期は休みなく営業、それ以外の季節は月曜日
電話番号/03-5834-2243

体験教室でゆるっと夏の思い出作り

世界にたったひとつだけの、モザイクランプを作ろう!

谷中銀座の名物トルコ料理店「レストラン ザクロ」が運営する「zakuroらんぷ家」は、“世界で初めて!?”のトルコランプの製作教室。

オリジナルデザインで作ることもできるけれど、伝統的なデザインが印刷された紙を使えば、初心者でも簡単。この紙の上に色とりどりのガラスを並べて、ベースのガラスに貼り付ければOK。隙間を埋めるようにガラスビーズを敷き詰めたら、専用のコーティング剤でスタッフが仕上げをし、約2~4週間で完成。ポイントは、しっかりとガラスがコーティングされるように、わずかに隙間を開けながら貼り付けることだとか。

1時間半~3時間程度で楽しめて、受講料は3500円~。スタッフがていねいにレクチャーしてくれるから、なんでも相談してみて。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ