無料の会員登録をすると
お気に入りができます

皇居さんぽのおともにも♪ 麹町の人気ベーカリー5選

グルメ

大使館や学校が多い麹町・半蔵門エリア。ビジネス街のイメージがありますが、大きなビル群のあいだには、近年すてきなパン屋さんが続々とオープンしています。

パリジャン御用達のバゲットや新鮮野菜のサンドイッチ、デザートにしたいブリオッシュやフルーツサンドなど、バラエティ豊かなパンがそろいます。

緑豊かな皇居にもほど近いので、パンをもってお外でランチにもぴったりですよ。

パリっ子に愛されるバゲット「ル・グルニエ・ア・パン」

フランス・パリに本店がある「ル・グルニエ・ア・パン」は、パリのコンクールで優勝を重ねている名店です。麹町店は、日本国内での1号店として2013年にオープンしました。

バゲット(362円)。ハーフサイズ(184円)も購入可能。バゲットを使ったサンドウィッチも並ぶ

看板メニューのバゲットは、フランスから仕入れている「VIRON社」の小麦粉を100%使い、フランスのお店と同じ味を再現。噛み締めるごとに小麦のうま味を感じます。毎日でも食べたくなるシンプルなバゲットは料理とも高相性です。

左から:クロワッサン(270円)、カヌレ・ド・ボルドー(226円)

パリジャンの朝食でも愛されるクロワッサンは、表皮のさっくりした食感と、芳醇なバターの香りがリッチ。サクっとした表面の内側にもちもちの食感が楽しめる、ボルドー伝統の焼き菓子・カヌレなども並びます。本場・フランスの美学が詰まったパンは、日本の人々をもトリコにしています。

Le Grenier à Pain麹町(ル・グルニエ・ア・パンコウジマチ)

野菜にこだわるカフェのサンドイッチ「麹町カフェ」

「麹町カフェ」は、ランチからディナーまでにぎわう、人気のカフェレストラン。浅草にある自社ベーカリー「MANUFACTURE」から毎朝届く焼きたての自家製酵母パンと、三浦半島で買い付ける新鮮な野菜を使ったメニューが人気です。

左から:グリル野菜のフォカッチャサンドイッチ(500円)、BLTのベーグルサンドイッチ(500円)

ランチタイムには満席のことも多いのですが、「ワンプレートランチ」の日替わりサンドイッチをテイクアウトすることができます。サンドイッチのラインナップは季節ごとにも変わるので、その時々で旬を楽しめますよ。

「グリル野菜のフォカッチャサンドイッチ」は、野菜をメインにたっぷり使ったヘルシーなひと品。にんじん、キャベツ、パプリカ、ズッキーニ、かぼちゃなど、豊富な種類がふんわりしたフォカッチャにサンドされています。グリルやマリネなど、素材を生かしたシンプルな調理法の野菜は、一口ごとに違う味わいを楽しめます。

「BLTのベーグルサンドイッチ」は、グリルした自家製ベーコンとシャキっとしたレタスを弾力のあるベーグル生地に挟んでいます。マスタードがピリッと効いた大人なサンドイッチです。

麹町カフェ(コウジマチカフェ)

定番のおやつパンもオリジナルを追求「No.4」

日本テレビ通り沿いにある「No.4(ナンバーフォー)」は、パンやピザ、クラフトビール・自然派ワインなど、自社のクラフトを大切にするカフェレストラン。入り口すぐのカウンターに並ぶのは、全粒粉やグルテンフリーなどの粉と、きび砂糖、グレープシードオイルといった体にやさしい素材を取り入れた“みんなで楽しめる”パンです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ