無料の会員登録をすると
お気に入りができます

日常や資格勉強にも役立つ!「暗記力」を上げる5つのコツ

最近、何でも忘れっぽくなっていませんか?覚えたい事はビジュアル化してイメージすることで、記憶力が格段にアップします!勉強の出来る人や暗記の達人が教える、暗記の秘訣を5つご紹介します。

2016年1月
ライフスタイル

「3日前の晩ご飯、思い出せますか?」

覚えるのって苦手…。

学生時代は勉強で暗記することも多かったですが、大人になった今はどうでしょう?自ら覚えようと、意識的に行っている人は少ないですよね。

日常生活でも役立つ「暗記力」

覚える力=暗記力が上がれば、短期間で資格取得も可能なんです。自分の好きな趣味やキャリアアップのために、資格取得にチャレンジしてみませんか?

人の顔と名前を覚えたり、ちょっとした日常生活にも役立つかもしれませんよ♡暗記力を上げる5つのコツをご紹介いたします。

①語呂合わせで「イメージ化」する

「語呂合わせ」だと忘れない!

「鳴くよ(794年)うぐいす平安京」など、学生時代の懐かしい語呂合わせ。大人になった今でも覚えているほど、記憶が定着しているはず。ただ丸暗記するより、語呂合わせで覚えることが暗記の近道♡

覚えたい文章をイメージ化してみましょう。脳内に言葉で残すのではなく、映像として記憶することで暗記力が格段にアップします。

実際に語呂合わせを作ってみよう!

「健康・人間関係・環境・言葉・表現」という5つのワードをセットで覚えたいときは、頭文字を取って「ケン(健康)ニン(人間関係)、カン(環境)コー(言葉)ヒー(表現)」と置き換えます。

「ケン兄ちゃんが、缶コーヒーを飲んでいる」姿をイメージして、頭に焼き付けます。重要ワードの頭文字を並べ替えたりしながら、自分なりのイメージを作ることが暗記力に繋がります。

②書き写すのではなく「書き込む」

色・イラストを加えて、ビジュアルで記憶!

覚えようと必死にノートに丸写しするのもNGなんです。ノートに書き終えると達成感はありますが、暗記できたわけではありません。ノートまとめに時間を費やすより、テキストに直接書き込みをすることがオススメ!

マーカーで色付けするのは基本ですが、自分なりに文章をイラストにして落書きすることも役立ちます。色やイラストを書き込んだテキストごと頭に焼き付きますよ♡

手帳や日記を可愛く演出♡「ボールペンイラスト」をマスターしよう

「絵日記」や「ほぼ日手帳」など、最近では文字だけでなく、イラストを添えた楽しい日記や手帳が急増中。そこで、ボールペンと手さえあれば描ける、「ボールペンイラスト」が人気を集めています。
11787

常にイラストを見返して!

Miyuu on Instagram: “2019-02-18 曇 おはようございます。 今日は病院付き添い日なので 休みをとって朝から稼働中です。 * 家にあったB5バインダーを 使うにあたりディバイダーが あったほうが使いやすいなと思い それらしい物を探していたら 発見しました。 KOKUYOの薄型バインダーです。…”
instagram.com

テキストにイラストを書き込むスペースがなければ、自分なりにまとめるのもアリです。その場合はノートではなく、ルーズリーフを使ってください。部屋中、常に目に付く場所に貼って何度も見返しましょう。

「青ペン」で暗記力UP!

日本では黒ペンを使うのが基本ですが、集中力が高まる青ペンがお薦めです。青色には精神的・肉体的にもリラックスして安定した状態が保てるようです。

③「五感」も一緒にフル活用

「音読→書く」を繰り返す

小学生の頃に何度もやらされた音読。実は、文字を見ながら声に出すことは暗記の際にも重要!視覚だけで覚えるより、声に出し聴覚も刺激する方が暗記力が上がります。さらに書くときも声に出しながら綴ってみましょう。

睡眠・集中力を高める嗅覚も活用!

「香水=あの人」を思い出すことはありませんか?香りは記憶を司る脳内の海馬を刺激するからです。暗記をする際には、記憶力が上がるローズマリー・レモン・ペパーミントなどのアロマがお薦めです。

暗記には「質の良い睡眠」も重要!寝ている間に、脳内で記憶の定着が行われるからです。最低でも6時間は睡眠時間を確保しましょう。安眠に効く香りは、ラベンダー・カモミールなどがお薦めです。

睡眠・記憶力を高めるハーブ

④「人」と結びつける

ドラマ仕立てのストーリーを妄想!?

ドラマや映画など「映像」は記憶に残りやすいですね。暗記も言葉を丸覚えするのでなく、身近な人と関連づけながらストーリーを作ってみるのもお薦めです。

語呂合わせと同じように、単語の頭文字を取って身近な人に関連づけます。登場人物は、家族や友人・好きな芸能人など誰でもOK。下克上を会社の上下関係に例えるなど、難しい事柄は現代社会に置き換えてみましょう。

自分の好きなアニメや漫画に関連づけてもいいですね。思いっきり楽しみながら妄想することで、鮮明に記憶に残るはずです♡

身近な人も巻き込んでしまおう!

学生時代の試験勉強で、友人と問題を出し合ったりした事ってありませんか?誰かに質問してもらい答える行為も、記憶に残りやすいです。重要事項をピックアップして、身近な人に問題を出してもらいましょう。

⑤効果を上げる時間帯は?

「寝る前→翌朝」は必須!

睡眠中に記憶が定着するため、寝る前に暗記を行うのが効果的。翌朝に、覚えられたかテスト感覚で復習してみることを日課にしましょう。

1日3回「ご飯前」もやってみよう!

ご飯を食べる前に、暗記を行うのもお薦めなんです。ここまで勉強を頑張ったら、ご飯を食べれるというゴールがあるので集中力が高まります。朝昼夕と1日3回、短時間でもいいので勉強時間を取ってみましょう。

テキストは常に持ち歩いて。

電車の待ち時間や通勤時間の合間など、移動時間にもちょっとした時間は取れるはず。そんなスキマ時間にも、暗記を心掛けて。自分だけのビジュアル化したテキストを見返して、目に焼付けましょう。

暗記のコツは「イメージ」を思い浮かべて♡

「語呂合わせ・書き込む・人と結びつける」など、暗記にはビジュアル化することが最重要!それに加えて、五感をフル活用しながら効率の良い時間帯で暗記を行ってみましょう。

これで、あなたも暗記の達人になれちゃうかもしれません♡

仕事も勉強もはかどる♡家でも集中力がアップする8つの秘訣

自宅では仕事や勉強は集中できない…。そんな風に考えたことはありませんか?うまくポイントを抑えれば、仕事効率化を上げられるんです。在宅ワーク・会社から持ち帰った仕事・資格勉強など、スイスイはかどる秘訣をご紹介します♡
2471
記事に関するお問い合わせ