無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夜掃除をラクにする、備えておきたい掃除グッズ

ライフスタイル

日中は仕事や育児などで忙しく、家事をするためのまとまった時間が夜にしか取れない人もいるでしょう。家族や周囲が寝静まった頃に掃除をしようとすると、心配なのが音。一度寝入った子どもを起こしてしまったり、近所迷惑になってしまうことは避けなくてはなりません。

そこで今回は、暮らしスタイリストとして料理を始め家事全般の情報を日々発信されている河野真希さんに夜掃除におすすめの便利な掃除グッズ4つ紹介してもらいました。静かに使えるのはもちろん、短時間で効果があるアイテムばかりです。

夜掃除をラクにする掃除グッズ1:ほうき

www.gettyimages.com

夜は掃除機が使いにくいのが悩み。そんなときはアナログだけれども、音が出ずに確実にゴミが取れるほうきとちりとりを使ってみましょう。「ほうきなんて面倒くさそう」と思うかもしれませんが、むしろ持っていると掃除をしたくなるアイテムです。

掃除機と違ってコンセントも充電も要りません。掃除機では入らない家具と家具の隙間にあるゴミや、壁と床の境にある巾木(はばき)の上のホコリも、ほうきならささっと汚れが落とせます。あとはちりとりに乗せて、ゴミ箱へGO!ゴミが目に見えて消えていくのもやる気になるポイントです。

ほうきは立てて置ける、もしくは壁などに引っかけておけるものを選びましょう。収納にしまいこまず、手に取れる場所に置きっぱなしにするのが夜掃除を成功させるコツ。インテリアに馴染みやすいシンプルなデザインのものをおすすめします。

夜掃除をラクにする掃除グッズ2:マイクロファイバークロス

気になる汚れを見つけたとき、洗剤を使えば当然よく落ちるけれど、使ったあとで洗剤成分を拭き取るために二度拭きしなくてはならないのは面倒なもの。疲れたときに行う夜の掃除は、道具の数や手間をできるだけ減らしたいですよね。

そこでおすすめなのがマイクロファイバークロス。乾拭きも水拭きも得意な上、洗剤いらずで汚れをよく落としてくれます。家電の上などのホコリが溜まっている場所は乾拭きで、水垢や油汚れなど頑固な汚れは水拭きで使いましょう。細かい繊維がホコリも汚れもかき取って、すっきり落としてくれます。洗剤を使わないので、二度拭きする手間が要りません。

イチオシなのが手袋型のマイクロファイバークロス。手にはめて気になる場所を撫でたり、こすったりするだけで掃除ができるという優れもの。指先を使うと、細かいところもしっかりと力を入れて掃除できます。

夜掃除をラクにする掃除グッズ3:フローリングワイパー

www.gettyimages.com

掃除機の代わりとして使われることが多いフローリングワイパー。大きなゴミを取るにはほうきが便利ですが、掃いただけでは取れない細かいホコリや髪の毛などはフローリングワイパーの方が拭き取りやすいです。そんなフローリングワイパーに併せて使ったほしいのが、ひとつ前で紹介したマイクロファイバークロスです。

使い捨てのシートは、使ったらそのまま捨てられるというメリットがあります。しかし、フローリングワイパー用のマイクロファイバークロスは乾拭き・水拭きともに汚れ落ちは優秀。何度も使えて経済的です。床拭きを毎晩するのは大変かもしれませんが、ほうきと並べてさっと取り出せる場所に置いておけば、”ほうきで大きなゴミを取る”→”フローリングワイパーで拭き掃除”という一連の流れをつくることができますよ。

夜掃除をラクにする掃除グッズ4:アルカリ電解水スプレー

www.gettyimages.com

「夜に洗剤まで使った本格的な掃除はしたくないけれど、水拭きだけでは落ちない汚れを何とかしたい」というときにおすすめしたいのがアルカリ電解水スプレーです。

アルカリ電解水スプレーとはどんなものかというと、実はただの『水』です。水は電気を通すと分解され、酸性とアルカリ性に分かれます。そのアルカリ性の水を取りだしたものがアルカリ電解水で、油汚れや手垢、皮脂汚れといった酸性の汚れに強いです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ