無料の会員登録をすると
お気に入りができます

気軽&贅沢をかなえるグランピングスポット10選

旅行・おでかけ

キャンプよりも手軽に行けて、さらに快適に過ごせるグランピング。食事など事前の準備は不要で、きちんと設備の整ったテントやキャビンに泊まることができるので、「道具を持っていない」「虫が苦手だけどアウトドア体験をしてみたい」という人にもおすすめです。夏休みが近づくこの時期、ますます注目が集まっていますね。そこで、全国各エリアごとに、贅沢気分を味わえるおすすめのグランピングスポットを紹介します。

text:YUKARI SHIMIZU(RUNS)

【北海道】コテージボンゴ広場 グランピングボンゴ

草原とコーン畑に囲まれ、ニセコ連峰と羊蹄山を仰ぐグランピング場。春夏は花々が咲き、付近の小川では山菜や山野草も採れます。使用するベルギー製コットン100%のテントは、最大でなんと4人分のベッドが設置されるほどの広さ。あたたかく通気性もよいので過ごしやすさ抜群です。北海道では珍しく冬季営業もしており、通年グランピングが楽しめます。

◆コテージボンゴ広場 グランピングボンゴ
住所:北海道虻田郡ニセコ町字曽我863-12
電話番号:0136-44-2098

【東北】GLAMPiC

女性オーナーを中心に、すべてセルフビルドで作られたグランピング場。“一山貸切”という大自然を満喫できる空間で、広いウッドデッキの上に大きなテントやタープを設置しています。焚火やドラム缶風呂の体験、映画鑑賞も周りを気にせず堪能できますよ。近隣には温泉があり、GLAMPiCが経営するカフェバーもあるので、地域の人たちとの交流も楽しんでみて。

◆GLAMPiC
住所:山形県山形市新山514-1
電話番号:080-6635-2426

【関東】Circus Outdoor TOKYO

「Circus Outdoor TOKYO」は、東京・奥多摩湖の畔、国立自然公園の中にあるアウトドア空間です。「何もしないことをする」というのを推奨しており、携帯電話を任意で預ける「デジタルデトックス」のサービスも。設備が整った快適なテントは5つあり、サーカスの世界観をテーマにそれぞれ内装も異なっています。専任のシェフが作る豪華なコース料理も堪能できますよ。

◆Circus Outdoor TOKYO
住所:東京都西多摩郡奥多摩町川野290-1
問い合わせ:info@circusoutdoor.com

【甲信越】PICA Fujiyama

雄大な富士山を眺めながら気軽にグランピングが楽しめるアウトドアリゾート。テントはオリジナルのドーム型テントで、自然と一体感を得られる設計となっています。ほかにも開放的なコテージや、床暖房付きのトレーラーコテージもあり、好みのスタイルで宿泊が可能です。定番のBBQ以外にも、敷地内にあるレストランでいただける地元食材を使った食事もおすすめです。

◆PICA Fujiyama
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津6662-10
電話番号:0555-30-4580(PICAヘルプデスク)

【東海】和み舎せせらぎ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ