無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「痩せる」も「美脚」も叶う♡座り方だけで骨盤の歪みを改善!

「骨盤ダイエット」というのが流行るほど、骨盤の歪みが身体に与える影響はとても大きいんです!座り方を正して、それを身に付ける事が出来れば、ダイエット効果だけでなく、美脚や美尻の効果が得られてしまうんです♡NGな座り方、痩せる座り方やお助けグッズ等をご紹介します!

美容

あなたのその悩み、骨盤の歪みのせいかも!

ポッコリお腹や下半身太り、デスクワークなどで長時間イスに座っている事によっての腰痛に悩まされている方、結構多いのでは・・・?もしかするとその悩み、座り方を正すだけで見違えるほど嬉しい効果が得られちゃうかも♡

NGな座り方

毎日の何気ない習慣である「座り方」。無意識のうちに身体に様々な影響を与えているんです。骨盤のズレなどは太りやすい身体をつくる原因にもなり得るんです。そこでまずは、NGな座り方を知っておきましょう。

1.足を組む

骨盤に最も影響を及ぼす代表的な座り方と言っても過言ではないのが、足を組む座り方です。足の付け根の骨盤が歪み、開くことでお尻も大きくなり、ポッコリ下腹の原因にも!むくみやX脚、O脚、腰痛などボディラインの悪化にとても影響を及ぼしているのです。

2.背もたれによりかかる

椅子の背もたれによりかかる時、骨盤が倒れた状態になることで変に骨盤に体重がかかり骨盤が開いてしまう原因になります。お尻や腹部の筋肉も全く使わないので、もちろん贅肉もつきやすくなってしまうのです。

3.猫背で座る

足を組んでいなくても、猫背になっていては意味がありません。お腹や腰の力が完全に抜けているので、筋力が低下し太りやすい体系づくりをしてしまいます。パソコンを良く使う仕事の方に多くみられ、肩こりや首こりの原因にもなってしまっています。

4.床でのあぐら・ペタンコ座り

あぐらは上半身の体重が骨盤にとてもかかってしまいます。これはO脚の原因になったり、むくみの原因になります。もし短時間あぐらで座る場合は、骨盤を支えるために硬めのクッションをお尻の下に敷くと良いでしょう。

ペタンコ座りは、股関節が内側にねじれ、膝や足首もねじれています。骨盤の歪みはもちろん、本来逆三角形の骨盤ですが、これが四角形に変形し正しい姿勢がとりづらくなってしまう原因になります。O脚やお尻が大きくなりやすくなってしまいます。

床に座ると言えば「正座」もありますが、猫背が矯正されたり腰に負担がかからない等のメリットもありますが、膝がねじれる、むくむ等のデメリットもあるので美脚の観点で見る場合は、避けた方が良いかもしれません。

記事に関するお問い合わせ